心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館

MENU

昇級審査について

昇級審査について

昇級審査は、年に4〜5回(通常4回、特別1回)、実施します。審査会は、極真空手の伝統技、増田道場の組手技などを正確に習得してもらうために実施されます。昇級審査は、道場生全員の黒帯取得を目標として行なわれます。個体の能力差による上達のスピードの違いは、本道場の技術指導部でサポートしますので、安心して下さい。必ず、上達します。

黒帯の昇段審査は、年に2回〜3回(通常2回、特別1回)、実施します。

審査会の日程について知りたい方は、本サイトのイベント予定をご覧下さい。尚、審査の内容について知りたい方は、本サイトの昇級審査項目CH票のページをご覧ください(会員専用PWが必要です)。昇級審査項目CH票では、審査項目を事前に確認する ことができます。

昇級審査項目CH票

イベント予定

本道場では、昇級審査の合格に向けた、特別稽古を審査会の前に実施しています。特別稽古の場所は、増田道場・多摩本部です。特別稽古の内容や日時については、本サイトにてご案内します。参加を希望される方は、本サイトの申込みフォームを使い、申し込みをしてください。

申込み用フォーム

※審査では、緑帯以上の審査は不合格になることがあります。不合格になった場合は、再審査を受けてください(再審査料は半額になります)。

※会員専用ページにはPWが必要です。PWは一斉メールで会員の方にお知らせしておりますが、PWを忘れた方は、事務局にお問い合わせください。

▶︎昇級審査の詳細

 

昇級イメージ写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒帯を一人でも多く育成!〜IBMA極真会館の黒帯とは?

IBMA 極真会館の黒帯は、伝統技と組手技の基本を一応、習得したということで認定されます。ゆえに誰もが、稽古を継続して行なえば、初段の取得が可能です。

しかしながら、弐段以上は、武道家としての上達が必要になります。武道の上達とは、技術を単に習得(おぼえた)したということではなく、技術を体得したかどうかというレベルで判断されることです。真の体得とは、技術の深奥を尋ね、その理法を全身で理解することです。さらに、IBMA極真会館における空手修業は、心身の修練、技術の研鑽から人間完成(※)に向かう、修道に質的転換を遂げなければなりません。極言すれば、そこからが本当の空手道と言っても良いと思います。ゆえに、ある程度の技術を習得した黒帯からが真の空手修業の始まりと言っても良いかもしれません。つまり本道場の空手道の眼目は、心身の鍛錬のみならず、技の研鑽と修道を一致させることなのです。

本会(IBMA極真会館)は、修道を意識できる黒帯を一人でも多く育成し、斯界に恩返しをすると共に、人類社会の平和共存の一助となるような生き方を奨励したいと切願しています。

(2016/5/12修整)

※私が考える人間完成とは、人格を限りなく高め続けること、また肩書きや容姿で人間を判断するのではなく、人格の高下で判断できるようになることです。(増田章)。

昇段審査及び修練実績について

昇段審査は茶帯1級取得者のみ対象です。審査内容は組手審査と型審査などです。なお、組手審査および型審査の詳細については、別記を参照してください。

黒帯を取得するための昇段審査会は、年に2回ほど実施されます(特別昇段審査会を実施することもあります)。黒帯になるためには、実技審査のみならず、修練実績が必要になります。

修練実積については、「修練記録カード」等を使用し、記録しておいてください。なお、修練実績の項目についての詳細は別記を参照してください。

※修練実績の評価には、稽古参加回数、修練(稽古)態度、試合実績、指導補助等の評価項目があります。

 

 

 

 

 

少年部黙想

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »