心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

極真空手を始める人のために

 

極真空手を始める人のために〜初心者の方へ

初めて空手道の稽古を行なう方には、毎回、数多くの基本技の反復が中心の一般稽古は、難しく大変に感じるかもしれません。しかしながら、何回も基本稽古を反復することで、心身が鍛錬されます。また、反復訓練に耐える心身を育むことが、空手道修練の始まりであり、空手道の上達の基盤となります。

道場稽古に臨む

道場における一般稽古では、まず準備運動を行い、それから伝統技の基本稽古、伝統技の移動稽古、組手技の稽古、打ち込み稽古、約束組手(応じ)の稽古、組手の稽古、補強などを行います。その稽古の中でも伝統技の稽古は重要です。なぜなら、我々は先人の残したものを大切にしたいと考えているからです。また「伝統技」も「組手技」も形は異なるように見えても、深いところで繋がっています。さらに「基本形(型)」を大事にし、その反復稽古を通じ、より深いところへの到達を目指すという点では、目的を一つにします。

その上で、IBMA極真会館増田道場では、伝統技と組手技の稽古を基本として、その応用である組手稽古を最も重要だと考えています。ただし、我々の考える組手技の稽古とは、相手に勝つ事だけを目的とするのではありません。組手を通じて、技や術に内在する普遍性や理の体得を目的とします。

基本修練項目

IBMA極真会館の空手道稽古の修練基本項目は、「伝統技の稽古」「伝統技の移動稽古」「組手技の稽古」「組手技移動稽古」「打ち込み稽古」「約束組手」「組手稽古」「伝統型稽古」「鍛錬(体力)稽古」などの枠組みで構成されています。

稽古の前に

以下の項目も確認ください。

 

 

インターネットサイトで稽古の予習と復習をしよう

IBMA極真会館-空手武道通信のメニューから修練サポートおよびワンポイント・レッスンを選びクリックしてください。その中から興味のあるタイトルを選び、閲覧してください。

※始めにフルサイズ表示にしてください。

※空手武道通信はIBMA極真会館空手道のデジタル教本です。空手道の上達は、道場稽古だけでは不十分です。増田道場生は、デジタル教本を実技稽古の予習や復習、また理論の学習に活用ください。

▶︎空手武道通信について

 

空手を始める前の方々へ

空手を始める前の方々には、黒帯取得は遠い目標のように感じられるかもしれませんが、IBMA極真会館の目的は、一人でも多くの黒帯を育成することです。そしてIBMA極真会館空手道を共に高めていく仲間を増やす事です。

我々は、これからも空手道を深く研究し、高める努力をしていきます。決して黒帯は、遠い目標ではありません。むしろ黒帯になってからの目標が本当の空手道です。

空手の上達に大切なこと

空手の上達は、良い指導者につくこと。そして自分で稽古を振り返り、その内容を吟味することが重要です。つまり空手道の上達には、道場稽古のみならず、稽古内容の復習を必ず行うことが重要です。また予習も効果的です。

 

▶︎より高みを目指す人へ

 

 

ライオンイラト サムネイル用

 

 

 

 


  • 2015/6/14 記
  • 2016/7 一部修整
  • 2016/9 一部修正
  • 2017 一部修正

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »