心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

応じ(Ouje)とは何か?〜組手に強くなりたい人へ

応じ(Ouje)とは何か?〜組手に強くなりたい人へ

 

応じとは「相手の攻撃技の効力を弱体化し、間髪を入れずに最大の効力を発揮する反撃を行うこと(優位性の獲得と創出)」です。

また応じは「後の先」という攻撃法の一種ですが、単なる攻撃のための戦術ではありません。それは、「後発制人(Gohatu Seijin)」という先達の教えの実践手段です。ゆえにより高いレベルの応じには、相手の攻撃を未然に察知する力(予測力)が必要となります。また応じの基盤として、位置取り、機会、技と技との連携などによる状況(局面)の支配力が必要です。

初伝のレベル(初段から二段)では、相手の攻撃を受けてから反撃する、受け返し(デイフェンス&カウンター)かできないかもしれません。しかし中伝のレベル(三段から四段)では、相手の攻撃を防御しながら相手を崩す。同時に崩れたところを攻撃する、「応じ」を目指してください。「応じ」の稽古の目指すところは、レベルの高いディフェンス&カウンター技の習得ですが、そこに止まりません。真に目指すところは、「組手における自他のリズムの調整→自他の呼吸の調整→自他の変化の予測→自他の技の判断→自己の技の選択」というような感覚とそれを制御する能力を身につけることなのです。

さらに奥伝のレベルでは、相手の攻撃を防ぎながら攻撃する、より高次の「応じ」である交差法(クロスカウンター)を学びます。しかしながら、「相手の動きに未然に感応し、その動きを制していく」また「相手の動きと一体化し、争うことのない状態を保つこと」が奥伝の応じの目指すところです。より高いレベルの「応じ」を体得するためには、組手稽古の量が必要です。しかしながら、組手稽古をただ行なうだけでは、応じの感覚は身に付かないでしょう。組手型を含めた組手稽古は、相手の動きに対応する心身のセンサーと処理プログラムの構築手段です。多くの人が組手の勝敗に拘泥して、そのような構造に目を向けません。しかし、組手の勝敗に拘泥してはいけません。特に道場における組手稽古は、より高い意識で行うようにしましょう。また、試合も単に勝つというのではなく、正しい理合の体得を目指すという心構えで行う方が良いでしょう。

※初伝、中伝、奥伝とは、増田空手の体系の中の技術(理論を含む)レベルの目安

組手型(KumiteGata)とは何か?

組手型とは、増田流・極真空手の稽古において、相対で行う型のことです。約束組手は組手型の基本形です。

組手型の稽古の仕方は、まず2人1組となります。次に、「受け」(攻撃側)と「取り」(応じ側)に分かれ、受けの攻撃に対し、取りが受けの攻撃を防御し、瞬時に反撃を行います。そのような形が組手型の最も基本的な形です。

組手型の稽古は、単独で行う稽古よりも、より実際の組手に近い形で攻防の稽古を行えます。また、組手型の稽古は、初心者で組手に慣れてない人でも、安全性を確保しながら、組手稽古の準備ができ、かつ繰り返し組手型を稽古することで、体力がない人や不器用な人でも、時間をかけて難しい技を体得することができます。

もし「応じ(Ouje)」の技術がなければ

応じの技術は、相手の攻撃を防御するのみならず、反撃を瞬時にすることで、相手の連続攻撃を防ぎます。つまり、相手は的確な「応じ(ouje)」により、組手のリズムを狂わされ、攻撃をリズムカルに連続させることができなくなるのです。

もう一つ重要なことを言っておきます。もし「応じ(Ouje)」の技術がなければ、相手と技を出し合う組手稽古において、自分が怪我するのみならず、相手にも怪我を負わせることになるでしょう。

なぜなら、応じ(Ouje)の感覚がない人が組手を行うと、恐怖心が先に立ったり、すぐに感情的になったりして、絶えず体に力が入るからです。そうなると、思うように動けなかったり、無駄な動きをしてしまう可能性が高まります。つまり、組手で自ら怪我をしたり、相手に怪我を追わせたりする人は、「応じ(Ouje)」の感覚と技術がない人です。そのような空手は、極真会館増田道場の目指す空手ではありません。ゆえに、極真会館増田道場の道場生は、すべからく組手型を通じ、「応じ(Ouje)」の稽古を行ってください。

 

 

 

 

2017ー7ー17:タイトルに「組手に強くなりたい人へ」とサブタイトルをつけた。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »