心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

昇級審査項目の確認

昇級審査項目とは?

昇級審査では、IBMA極真会館空手道の〈基本修練項目〉の修練項目の習得度を審査します。

昇級審査項目とは、基本修練項目の礼法、その他、伝統技、移動伝統、伝統型、組手技、移動組手技、打ち込み、約束組手、組手審査、体力などの各技の種別の中から出題される、30〜100数項目の審査項目(試験項目)です。

なお、出題の項目は、改訂されることがあります。出題項目は、審査前にお知らせしますが、黒帯は普段から基本修練項目の全てを習得しておいてください。基本修練項目は、初段以上が必ず、知っておかなければならない項目です。

昇級審査を受審される際は、事前に審査項目を確認し、自分が空手の修練項目を理解しているか、確認することをお勧めします。昇級審査は、初級(白、橙、青)では合格点が低く設定されていますが、中級、上級と段々と合格点が高くなって行きます。中級以上の審査では、確認合格、再審査(不合格)もあります。

少年部並びに保護者の方へ

※少年部の人は保護者の方のサポートがあると心強いと思います。審査に関しては、遠慮なくご相談ください。電話による相談も受け付けますが、電話の受付時間は限られているので、まずはメールにて一報いただければ、対応させていただきます。もちろん、我々も道場稽古や特別稽古でサポートしていきます。

 

昇級審査の項目を知りたい方は以下をお読みください。

  • 本ページの各級の審査項目表を掲載したページのインデックスがあります。学習したい級のインデックスをクリックしてください。
  • 昇級審査項目の詳細を知りたい方は、PCで閲覧するか、スマホならば、フルサイズ表示で閲覧ください(インデックス表示がスマホサイズの表示ではされません)。
  • 審査項目は帯、級によって異なります。以下のサイトページのインデックスの中から閲覧したい審査項目のインデックスを選び閲覧してください。
  • 昇級審査会では、基本修練項目の中から抜粋した、各級審査の昇級審査項目を審査員が審査します。なお、中級、上級のように、審査項目が多い場合、すべての項目を審査会で審査するわけではありません。審査時間を考慮し、審査項目(試験問題)の中から抜粋と言う形になることがあります。審査受審者は審査項目のすべてを習得するようにしましょう。
  • 審査前は、なるべく昇級審査項目のをデジタル空手道教本で確認してください。もし、審査会や審査項目、デジタル教本についてわからないことが指導員に質問してください。
  • デジタルBOOK

 

 

 

増田 章のブログ

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.