心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

試合時の選手の所作について

試合時の所作について

◎ヒッティング競技規定より抜粋

選手の試合開始前の所作を以下のように定める。

  1. 選手は試合場に入場する際、各選手のサイド(正面から見て赤は左側、青は右側)のコーナーから「一礼(立礼)」をしてから入場する。さらに試合場の場外スペースを前進し、試合エリアの各選手サイド、中央から「立礼(別紙にて規定)」を行ない、メインスペースへ入る(下図2を参照)。
  2. 選手は試合場中心から左右約1.5mで向き合い直立不動の姿勢で主審の指示を待つ。
  3. 選手は主審が「お互いに礼」と宣言したら、「立礼(別記に規定)」を行ない、左足から一歩を踏み出し、不動立ちで構える。主審の「構えて」の宣告で構え、「始め」の合図で試合を開始する。
  4. 選手の試合終了後は試合開始の位置で不動立ちで正面を向いて立ち、主審の勝敗の宣告を受ける。
  5. 勝敗の宣告後、選手は互いに握手をし、試合開始時の位置で互いに不動立ちで向き合い、選手双方が動きを合わせ、右足から一歩下がり立礼をする。その後回れ右で試合場を退場する。退場の際は、入場時と同様に「一礼(立礼)」をすること。選手は各選手サイドの中央から「立礼」を行ない、場外スペースへ出て、青サイド、赤サイドのコーナーから退場すること。

 

 

 

 

 

(図2)

稽古カリキュラム

増田 章のブログ

稽古カリキュラム

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.