心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

稽古カリキュラムの案内

 

 

修練と修道

IBMA極真会館空手道の稽古カリキュラム(体系)の骨格は、「修練」と「修道」の二本柱によって構築されています。

その「修練」とは、空手武道の実技稽古を意味します。つまり、自己の心身を使い、それを磨き上げていくことです。また「修道」とは、修練による学び(経験や気づき)を理論と照らし合わせ、自己の認識(考え方)を吟味・検証することです。つまり、自己の心身に関する認識を更新し続け、より良い認識を得ることです。

さらに言えば、稽古とは修練と修道の二つの面を併せ持った実践でなければならないということです。言い換えれば、IBMA極真会館空手道とは修練と修道の一体化を目指します。そのために我々は、IBMA極真会館空手道の理念等を指針に、自己の心身と真摯に向き合うことを基本とします。

 

IBMA極真会館空手道の一般稽古について

稽古は、一般稽古(※)を通じ、「基本修練項目」の習得を基本としています。さらに講習会やデジタル空手道教本により、「修道理論」を学んでいただきます。なお、修道理論の中には人間形成のための「徳育」の項目もあります。

一般クラス・一般稽古とは(※)

IBMA極真会館の道場における、最も基本的な稽古内容のことです。通常の稽古クラスでは、伝統技基本、移動伝統技、組手技稽古、組手稽古、型稽古、体力稽古など、基本修練項目(IBMA極真会館空手道)の習得を目指します。

  • 通常の道場(一般稽古)では、すべての段級位の会員が一緒に稽古を行います。一般稽古では、IBMA極真会館で設定した基本修練項目の習得を目指します。
  • 以下の一覧表は、一般稽古で行われる内容の一覧です。内容を詳しく知りたい場合、項目名をクリックすれば、解説ページに移動します(なお、内容はたえず更新していますので、定期的に閲覧してください。また、現在、全ての項目がアップされていませんので、ご了承ください)。
  • 一般稽古だけで、全ての修練項目を習得できません。全ての項目を習得するには、昇級など、段階を経て、特別クラスや講習会などに参加してください。
  • その他、本道場では、空手道を深く追求したい方や高段位の取得を目指す方のために、研究科が設置されています。

増田道場の稽古法について

  • 増田道場の稽古法は、独自の組手技と組手理論により、フルコンタクトの組手稽古(実際に相手を攻撃したり、相手の攻撃を防御したりする稽古)を安全に行えるよう考えられています。
  • 組手稽古は、自己の心身と技のレベルを知るための良い手段です。また、正しい認識と方法で行えば、他者とのコミュニケーション能力を高める手段ともなります。

 

その他、道場についての詳細

 

 

 

 

Translate:

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »