心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

特別稽古、講習会、合宿などの体験リポート

  • HOME »
  • »
  • 特別稽古、講習会、合宿などの体験リポート

体験リポートについて

 IBMA極真会館が実施する、特別稽古、講習会(セミナー)、合宿等の参加者には、体験リポートを義務付けます(2019年より)。人から聞いたことを単純に信じたり、瞬間的に見たことを自分だけの感覚で決めつけたりするのが人間の性です。しかしながら、他者の見方、考え方を聞いたり、自らが、その意味を深く掘り下げようとしなければ、真の理解には到達できないと思います。ゆえに特別稽古や講習会などには、自ら稽古を振り返り、考え、そのことを文字に落とすこと(レポート提出)を稽古の一環とします。今回は、100字くらいで良いとしました。みなさん、学業や仕事で忙しくされているでしょうから。ですが、何ごとも省察が重要だと思います。
 
 我々、IBMA極真会館も、門下生に普段の一般稽古の指導を基礎としながらも、特別稽古や講習会、合宿等を通じ、より高度かつ深い修練法の研究を続け、門下生に対し、より深く、かつ高度な修練を実施して行きます(一般稽古は単純のように思えても、それを繰り返し行うことが重要です。その繰り返しの中で、武道探求のための基礎が作られて行きます)。

 

 

増田 章より

 私が考える「真を極める」とは、言い換えれば、「物事の本質を見極めること」かつ「普遍性を見つけ出すこと」だと私は考えています。それには、物事を離れて観たり、後ろから観たり、斜めから観たり、下から眺めたり、時間の経過を想定して観たり、反転させて観たりすること必要です。換言すれば、多面的に物事を観察する習慣を身につけることです。さらに言えば、より広く、より深く、可能性を追求する覚悟を持って物事を観察することが必要だと私は考えています。

そのように、物事を観て、修練(修行)に臨むことが、増田 章が極真会館空手道に織り込んだ、拓真道哲学です。そのゴールは理を極め、かつ心を真に極めることなのです。

増田 章のブログ

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.