6月10日に夏季昇級審査会を実施します。

審査では細部の間違いを減点対象とされ、評価します。もちろん、我々は個々に良い点があることを知っていますし、そこを評価します。しかしながら、基本の習得とはすべての道場生が共通の認識を持つことを目指しています。その上で、個々の個性を発揮して欲しいと思います。我々の考える空手武道とは単なるスポーツではありません。また他者との勝ち負けを競うものでもありません。空手武道の理合いを共有し、それを基盤に互いを磨き高めていくことです。

今一度、すべての道場生がデジタル空手教本を精読し、空手道の稽古に励んでいただきたいと、我々は願っています。

それでは、黒帯を目指し、一歩一歩、前進してください。