感謝〜フリースタイル空手研究会の有志たちへ

演武の報告

7月10日の増田道場の試合イベント(交流試合)の時、FK研究会の有志がフリースタイル空手の演武をしてくれた。

先ずもって、荻野聡氏を始め、宮村氏、坡場氏、スネイド氏、吉田健二氏、吉田晴夫氏、秋元氏、弥永氏に感謝したい。デモンストレーションをありがとう。

フリースタイル空手とは、私が考案した、打つ、蹴る、投げる等の技を駆使して戦う、新しい武道スポーツの名称である。

10年ぐらい前から構想し、4年ほど前にはトーナメントを開催した。
ここ2年は、スポンサーが降りたのと私の体の具合が悪く、指導が思うようにできないことで、休止状態であった。

それでも、今年はフランスで初のフリースタイル空手のトーナメントが開催された。また、私の道場生の有志たちが、フリースタイル空手の練習を続けていてくれた。今回は、その有志たちが私に代わって、フリースタイル空手のルールや技を、交流試合に参加した子供たちや保護者に披露してくれたのだ。みんな私が演武についてどう評価しているか、気になっていると聞いた。今私は、お礼の気持ちでこのブログを書いている。失礼だが、有志一同は若くない。また仕事もあり、演武の準備は大変だったろう。

改めて私は、彼らの心に応えるために、理想の空手道を追い求めて、老骨に鞭打たねば、と思っている。構想はある。後もう少しで、自身の身体のリハビリと仕組みづくりの第1段階が終わる。第1段階というのは、ようやく動ける段階である。さらに第2、第3の段階が、理想の実現には必要だろう。今回、私は有志に元気をもらった気がする。そして復活を急がなければと、思っている。日曜日は風邪気味で調子が悪かったが、有志の映像も作ってみた。後で見て欲しい。

話は変わるが、私の空手家としての座右の銘の一つに、「先達の真似をするな。先達の追い求めたものを求めよ」というものがある。私は先達の追い求めたものを真剣に追い求めているつもりだ。それが何であるかは、今回は多くを語らない。端的に言えば、空手家の技術のみならず哲学を高めることと言っても良いだろう。もしかすると、我が師は、「もっと空手を世界に広めよ」というかもしれない。もしそうならば、私は弟子として失格かもしれない。しかし、私は空手を世に広める前に、もっと深く空手を考え、その可能性を開拓したいと考えている。そして、その技術と哲学が本物ならば、普及は後から続くと考えている。

おそらく、多くの空手家が私を笑うだろう。なぜなら、まだ理想が形になっていないからだ。しかし、諦めるわけにはいかない。何をおいても、技術と哲学の完成だ(もちろん完成までは相当な時間が必要だが、まずは土台をと思っている)。断っておくが、フリースタイル空手という、新しい武道スポーツを広めることが、私のゴールではない。より高いレベルの武道哲学を完成させることがゴールだ。その部分が、今回の有志にはわかっていないかもしれない。有志には申し訳ないが、新しい競技(スポーツ)を作ることが私のゴールではないと繰り返し言っておく。あえていうならば、新しい武道を作るといったほうが良いかもしれない。私が新しい武道スポーツと目標を掲げたのは、まだ空手がオリンピック種目になっていなかったからだ。空手がオリンピックになったなら、新しい武道スポーツの創出は、私の目標の優先順位においては下位だ

ゆえに、これからはフリースタイル空手の方向性も修正が必要だと思っている。また、今回の演武で披露してくれた技も、100分の1程度のレベルにしか達していない。間合い、リズム、呼吸、虚実、投打(剛柔)一体、自他一体の意識が低すぎる。

現在、それを伝える稽古法を、私は考案中だ。実は大体の構想は出来ている。後はやりながら微調整だ。まだ、みんなには伝えていない。それを伝えることを楽しみにしている。ただ、これはやはり、増田流であり、拓真道流だ。ゆえに、これまでの空手の概念を一旦、棚上げできる者だけに伝えたい。なぜなら、素直な心持ちでないと、新しい技術の体得に時間がかかることが予想されるからだ。できれば、内弟子をとって教えるのが良いのだが…。

https://youtu.be/jRCHpiWUpBk

 




フリースタイル空手のページを追加しました!

 

IBMA rogo サイト用 極Sサイズ

 

 

フリースタイル空手のページを追加しました!

内容はIBMA(国際武道人育英会)のホームページに掲載されているものと同じです。

2015/9/29

▶︎フリースタイル空手

▶︎フリースタイル空手のルール一覧表

 


 

 

フリースタイルカラテプロジェクトについて

 

 

大会image英語版

IBMAと増田道場が主宰する新しい武道スポーツの普及プロジェクトです。

以下のURLからフェイスブックページにアクセスできます。

https://www.facebook.com/freestylekaratJapanese_FB_FindUsOnFacebook-100 のコピー




フリースタイル空手クラブの報告〜5月9日

フリースタイル空手クラブの報告〜2015年5月9日(土)

 

吉田健二弐段からのフリースタイル空手クラブ練習会の報告です。

吉田

 

 

 

 

 

本日のフリースタイルカラテの勉強会は、早大極真会OB、道場内から、計6名の参加でした。

 

準備運動

受け身。座位からの後ろ受け身、横受け身。その後、前回り受け身。

首の補強(ブリッジ、ぶら下がり)

肩甲骨周りと背中の補強

この辺りのメニューは固定化してきましたが、前回り受け身は、今後バリエーションを追加していこうと思います。

中野レポート2015-5-16 1

 

こちらはうつ伏せになりながら、肘から先の前腕を床に当てて、脇を締めながら、身体全体を引っ張って行く運動です。足を大きく開くと、負荷が大きくなります。脇を締めるということを意識しながら取り組む運動です。

中野レポート2105-5-15 2

 

今回は、前転、開脚前転、後転、開脚後転も、このブロックで行ないました。

普段慣れない動きのため、目が回ります。

 

2人組みになっての相対稽古は、

ミット(4分×3)で、突き、蹴りを交互に行ない、最後には膝蹴りの練習です。

膝蹴りは受ける方も注意が必要。油断すると、苦しい思いをすることになります。

 

その後、投げ技の練習(足取り、背後取り、入り身落とし、首かけ廻し、カンヌキ)です。

 

スパーリング

フリースタイルルールで行ないます。参加者のスパーリングの様子は動画に収録しました。今後の各自の教材、となると思います。

今回のスパーリングでは、戦術と戦略を考えながらやってみよう、というのが一つのテーマとなりました。

中野レポート③2015-5-15

自分がどの領域で戦術を組み立てるかを考える一例として上のようなイメージを頭に思い浮かべました。例えば、青の棒が自分、赤の棒が相手とします。相手が得意な領域で試合運びするのは不利ですが、得意な領域に持ち込めば勝つ可能性が増えるということになります。実際にはこんな簡単な図式ではないですが。

全ての人に当てはまらないかもしれませんが、フリースタイルルールでもフルコンタクトルールでも、項目を変えれば応用できると思います。

 

稽古終了後は、灰になった我々を、明日のジョーが待ってくれていました。。。

中野レポート④2015-5-15

<今後の予定>

増田道場中野道場(ゴールドジムウエスト東京、中野駅から徒歩3分)では、月一回、土曜日の10:00から12:30まで、フリースタイルカラテの勉強会を行なっています。

今後の予定は、

 

  • 4/4(土)10:00-12:30 (終了)
  • 5/9(土)10:00-12:30 (終了)
  • 6/6(土)10:00-12:30
  • 7/4(土)10:00-12:30
  • 8/1(土)10:00-12:30
  • 9/5(土)10:00-12:30
  • 10/3(土)10:00-12:30
  • 11/7(土)10:00-12:30
  • 12/5(土)10:00-12:30 です。奮ってご参加下さい!

今後、スパーリングは少し強度を上げて行なう予定です。怪我をしないようにするのは前提ではありますが、無用の怪我防止のため、サポーター、マウスピース、ファールカップを必ずお持ち下さい。

 

<お願い>

ゴールドジムへの出稽古に際しては、施設利用料金として、216円をジムフロントでお支払いください。また、増田道場またはIBMAの会員証の提示が必須です。

提示がない場合、今後、利用に制限がかかることもあるかも知れないので、何卒よろしくお願いします。