心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

「三戦立ち(三戦構え)」と「正拳中段突き」

 

 

 

「三戦立ち(三戦構え)」と「三戦立ち正拳中段突き」

 

本ページでは、三戦立ちで構える「三戦構え」と三戦立ちで行う正拳中段突き(伝統技)について学びます。

「三戦構え」と「三戦立ち正拳中段突き」は、極真空手の伝統技稽古(基本修練)の初めに行う項目です。

※デジタル空手道教本でIBMA極真会館空手道を学ぶ際は、基本修練項目についてのページを参照しながら行うと、より効果的です。

その他、技のポイント
  1. 突き始めは肩の力、腕の力を抜く。
  2. 突き終わった後、拳を固める(ただし目標に当たった後は力を抜く事)。
  3. 突き終わった時、体幹で腰の回転を停止させる(身体感覚の詳細は道場稽古で伝える)。
  4. 下の写真のように肩を流しすぎないこと。
  5. 突きと突込みの違いを理解する事。

審査合格のためのチェックポイント(減点ポイント)について

  • まず「三戦構え(サンチンがまえ」を正確に覚えなければ、減点されます。
  • 三戦立ちの足の位置は、左右の足は腰幅より少し広めの幅にする。右足は左足より足ひとつ分前に出す。また、足の指先は少し内側に向ける。ただし、膝は内側に向けないこと。膝頭は正面を向くようにすること(重要/股関節を凱旋させること)。
  • 突く位置は、中段の場合、水月(みぞおち)の位置です。
  • 引き手は拳が体側(体の横)に着いていないと減点となります。また、肘を十分に後ろに引いていないと減点となります。
  • 引き手の拳は、体幹(みぞおちの高さ)につけること。
  • 体軸を必要以上に動かさないようさないよう、頭を動かさず、体幹をしつかりと固定する。
  • 膝は力を入れず、緩めるようにして、少し曲げる。
  • 突き手と引き手にスピードがないと減点されます。
  • 拳(正拳)は軽く握るが、突き終わった瞬間には、しっかりと締める。
  • 不動立ちが正しくないと減点されます(不動立ちも「三戦構え」の正しい動作、形に含まれます)。

 

 

動きを正面から見る

 

 

 

横から動作を見て見る

減点をなくすには〜5つの悪い例

以下の写真は悪い例です。原点をなくすには、以下の悪い例のような形にならないよう気をつけてください。

悪い例1(写真下2枚)
  • 肩が入り過ぎ、上体が流れている。※良い突き方は、体幹・体軸をしっかりと固定された突き方です。体重移動は、腕を押し出して行うのではなく、骨盤の回転(腰入れ)で行います。
  • 下の写真は、肩が入り過ぎた悪い例です。この写真と自分の動作を比較してください。もし、自分の動作に悪い例に当てはまるところがあれば、修正してください。

 

悪い例2(写真下左)
  • 小手(前腕)が肩より外側に出すぎている。
悪い例3(写真下中)
  • 小手(前腕)が肩より内側に入りすぎ、脇を締めすぎている。
悪い例4(写真下右)
  • 拳の高さが左右対象ではない。
悪い例5(写真下2段目左)
  • 右足が外側を向いている。

用語解説と備考

 

 

  • 2016-1-1:一部修正
  • 2018-3-7:一部修正

 

 

デジタル空手武道教本

増田 章のブログ

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.