心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

上段回し蹴り(平行立ち)

 

 

上段回し蹴り〜蹴りと蹴り込みについて

上段回し蹴りは、まず膝を目標に照準をあわすように外側、斜め45度くらいに挙げながら骨盤を回すようにします。骨盤が回り切ったぐらいで、ひざ下の脚をスナップを利かすように、伸ばして素早く引くようにして蹴ります。目標に当てる部位は〈背足〉です。なお、廻し蹴りには、膝下の脚のスナップを効かせるのではなく、蹴り脚全体を使い蹴る、蹴り方がある。そのような蹴り方を〈廻し蹴り〉に対し〈廻し蹴り込み〉という。本ページの上段廻し蹴りは、伝統技基本にも含まれる、〈上段廻し蹴り〉である。

さらに、攻撃に使う部分によっても蹴り方が異なる。なお、回し蹴りの際の攻撃に使う部分には、背足、中足、すねなどがある。また、足底、足刀などを使う特殊な回し蹴りもある。

 

背足以外の部位を使った上段廻し蹴り他

  • 中段回し蹴り(蹴り込み)
  • 中段回し蹴り(中足)
  • 上段回し蹴り込み(背足)

 

審査合格のポイント

  • 手構えが正しくできていなければ減点となる(蹴り込みや組手立ちの上段回し蹴りの際は、振り手を使う場合がある)。
  • 蹴ると同時に骨盤を回すことができなければ減点となる。
  • 引き足がないと減点となる。
  • 上体が必要以上にぶれた場合は減点。

 

 

修練用語解説

  • 蹴りと蹴り込み

 

デジタル空手道教本

Translate:

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »