心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

研究科生規約

研究科生規約

 

第1条 IBMA極真会館はIBMA極真会館空手道を確立し、よって斯界のさらなる発展に寄与することを目指し、空手道の研究と指導者育成を目的とする、研究科を設置する。

第2条 IBMA極真会館・研究科は別名:拓真塾と称する。

第3条 IBMA極真会館・ 研究科(拓真塾)の入塾資格として以下の通り定める。

  1. IBMA極真会館空手道の3段位以上の者。
  2. IBMA極真会館空手道の弐段位以下の者でも、研究科も目的を理解し、空手道の研究に意欲のある者であれば、研究科予備生として、研究科の受講を許可する。ただし、主席師範の許可がある場合のみ。

第4条 研究科の就学期間は1期3年以上6年以内とする。
第5条 研究科生及び研究科予備生は、就学期間中に必ず昇段審査を受審し、合格を目指すこととする。

第6条 研究科生及び研究科予備生は、就学期間中に、講義の遅刻、欠席の多い者は、途中退塾もあることとする。その場合、対象者にその旨を文書にて伝える。また、対象者には、書面にて弁明の機会を一回与えることとする。
第7条  研究科生及び研究科予備生は、空手道研究のための、教本及び武道具を揃えること。
第8条  研究科生及び研究科予備生は、IBMA極真会館空手道の修練体系の作成に協力することとする。

第9条    研究科生及び研究科予備生は、IBMA極真会館の演武会及び行事に協力することとする。

第10条  研究科生及び研究科予備生は、年1〜2回開催する、研究合宿への参加をすること。

第11条  研究科生及び研究科予備生は、稽古の予習、復習を徹底し、各自に与えられた課題に取り組み、それを主席師範に報告すること。

第12条  研究科では、研究科生及び研究科予備生に対し、定期的に試験を行うこととする。成績優秀者には、昇段試験の特例対象(昇段審査期間の短縮、修練実績の免除など)とする。さらに、増田空手の中伝、奥伝、免許皆伝の允可対象とする。
第13条  研究科生及び研究科予備生は、就学期間中及び就学終了後の3年間は学んだ内容を主席師範の許可なく、外部に漏らさないこととする。もし、この規約を守らなかった場合、30万円以下の罰金を払うこととする。
第14条  この規約に規定するもののほか、この規約の実施について必要な事項は、別に定める。
附 則
この規則は、平成29年8月25日から施行する。

研究科生誓約書

 

以上、研究科生として規約を遵守し、空手道に精進することを誓約します。

空手道デジタル教本

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »