心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

右の上段廻し蹴りに対する〈流し受け〉

右の上段廻し蹴りに対する〈流し受け〉

前蹴りの流し受けと回し蹴りの流し受けの共通点は、相手の蹴りの自然な動きを利用すること。異なる点は、小手による蹴りの受け止め方にあります。組手技稽古における、〈応じ〉の基本技ですが、非常に熟達が必要な技でもあります。

 

審査合格のポイント

 

  • 相手の蹴りをしつかり小手で受け止める。小手で受け止めていない場合は減点となります。
  • 蹴りを受ける時、間合いの調整を行うこと。※基本は退き身(ステップバック)で調整する方法です。
  • 流した相手の蹴り脚が自分の前足に引っかからないように、自分の前足をステップバックとともに軸足の方へ少し引き寄せます。
  • 審査の時は手を開かずに正拳のままに行えるかを審査します。

※以下の写真は、下段回し蹴りから上段回し蹴りの連係技による反撃の例。※これ以外の反撃方法もあります

※小手受けからの流し受けに関しては、さらに詳細な要点の解説ページがあります。

用語解説

  • 小手とは前腕のことです。小手には内小手(前腕の内側)と外小手(前腕の外側)とに部位によって名称を分けます。

 

横から動きを見る

 

 

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »