心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

第6章 組手型(組形)

 

組手型(組形)について

組手型とは組手技による約束組手です。本来、伝統技の約束組手である、一本組手も組手型です。要するに、仕掛け技(攻撃技)の基本と防御技からの反撃技(応じ)の基本を修練する型、すなわち攻防一体の技術を修練する方法が一本組手です。

組手型の基本形は、相対した相手の技に対し、防御と反撃で応じるというものです。IBMA極真会館では、組手型によって、空手技の応用と応用形を学びます。しかしながら、それはまだ約束組手の皮相的な部分でしかありません。約束組手の練習、稽古の目指すところは、型に内在する、より本質的な技を体得することです。それは同時に術を体得するということでもあります。

また、伝統技の約束組手には、一本組手の他、三本組手があります。さらに、伝統技の一本組手は、伝統型の分解稽古としての役割もあります。

IBMA極真会館空手道では、伝統技、組手技の約束組手を総称して、組手型と呼びます。道場生の皆さんは、IBMA極真会館空手道では、伝統技の一本組手および三本組手、伝統型の分解稽古、そして組手技の約束組手を「組手型」と呼ぶことをしっかりと覚えておいてください。

※本ページの下部に、約束組手の内容を示す名称(項目)等を記載したインデックスがありますので、学びたい項目(技名)を選び、ページを閲覧・視聴し、空手道の学習を行なってください。

※以下の一覧表の項目は不定期に増えていきます。項目数が一定量に達したところで、分類整理して、再度、一覧表を作り直す予定です。ご了承ください。

 

組形(組手型)一覧

 仕掛手
(構え)
応じ手
(構え)
仕掛け技防御技反撃技備考
映像テキスト
その他
自然体
組手立ち
自然体上段
追い突き
手刀添え手上段掛け受け(臥龍受け)「臥龍受け(手刀添え手上段掛け受け)」から上段廻し蹴り臥龍分解
テキストあり
2自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
手首掴み
3種
小手固め基本3種護身術基本
逆技
テキストあり
3自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
内回し踵落とし槍手受け入り身落とし研究科練習/テキストあり
4自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
内回し踵落とし槍手受け入り身落とし(表/裏)組手技
5自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
中段
後ろ蹴り
かわし受け
(肘受け、寄り身)
中段カギ突き組手技
6自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
中段
後ろ蹴り
かわし受け
(肘受け、寄り身)
上段肘当て
7自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
中段
後ろ蹴り
かわし受け
(寄り身)
入り身落とし(裏)
8自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
中段
後ろ蹴り
肘受け入り身落とし(裏)
9自然体
組手立ち
自然体腕掛けから上段カギ突き(逆突き)護身
10
自然体
組手立ち
自然体前腕掛けから上段肘当て(逆)護身
11自然体
組手立ち
自然体手刀下段払い上段掌底打ち護身
12自然体
組手立ち
自然体中段
下突き(逆)
手刀下段払いから
腕内巻き込み
(脇差し)
首掛け回転投げ護身
名称検討
13自然体
組手立ち
自然体中段
下突き(逆)
手刀下段払いから
腕内巻き込み
上段掌底打ちから
引き崩し(引き落とし)
護身
名称検討
14自然体
組手立ち
自然体中段
下突き(逆)
手刀下段払いから脇差し首掛けから上段膝蹴り護身
16
自然体
組手立ち
自然体中段
下突き(逆)
手刀下段払いから脇差し首掛けから中段膝蹴り護身
18自然体
組手立ち
自然体中段
下突き(逆)
寄り身と抑え受け小手返し護身
逆技
20自然体
組手立ち(左右)
自然体(左右)
上段
カギ突き(順、逆)
肘受け(左右)上段肘当て(左右)護身
名称検討
21
自然体
組手立ち(左右)
自然体(左右)上段
カギ突き(順、逆)
肘受け(左右)上段カギ突き(左右)護身
22自然体
組手立ち
自然体上段
カギ突き(逆)
手刀・内諸手上段受け上段肘当てから
腕取り
護身
23自然体
組手立ち
自然体上段
カギ突き(逆)
手刀下段払い外巻き込み首掛けから金的蹴りから回転投げ護身
投げ技
24自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
中段
逆突き
退き身と抑え受け上段逆突き
25自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
中段
逆突き
退き身と抑え受け上段直突きから腕抱え小手返し投げ護身術
テキストあり
短刀捕り
26自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
上段
逆突き
槍手受け上段逆突き
27自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
上段
逆突き
上段添え手上段挙げ受け(槍手受け)から上段逆突き腕巻き込み固め(閂固め)から首掛け回転投げ護身術
名称検討中
28自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
内回し踵落とし上段添え手受け(槍手受け)入り身落とし研究科稽古より
29自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
手刀・内諸手・上段挙げ受け掛け崩しから引き落とし腕固め
研究科
30自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
手刀・内諸手・上段挙げ受け掛け崩しから引き落とし投げ
31自然体
組手立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
肘受けと脇差し首掛け脇差し回転投げ名称検討中
32前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
臥龍受け
(手刀・添え手・上段掛け受け)
臥龍受けから上段廻し蹴り臥龍分解
33前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
臥龍受け
(手刀・添え手・上段掛け受け)
中段前蹴り
34前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
臥龍受け
(手刀・添え手・上段掛け受け)
大外落とし臥龍分解
投げ技
35前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
臥龍受け
(手刀・添え手・上段掛け受け)
肘当て(肘打ち)臥龍分解
36前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
臥龍受け
(手刀・添え手・上段掛け受け)
肘当てから大外落とし臥龍分解
投げ技
37前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
臥龍受け
(手刀・添え手・上段掛け受け)
中段膝蹴り臥龍分解
38前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
臥龍受け
(手刀・添え手・上段掛け受け)
上段膝蹴り臥龍分解
39前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
臥龍受け
(手刀・添え手・上段掛け受け)
臥龍分解
40前屈
立ち
自然体上段
追い突き
手刀上段挙げ受け(手刀/開手)掛け崩しから肘当てテキストあり
遠間
41前屈
立ち
前屈
立ち
上段
追い突き
手刀・内諸手・上段挙げ受け掛け崩しから引き崩し秘伝/テキストあり
42前屈
立ち
前屈
立ち
上段
追い突き
手刀・内諸手・上段挙げ受け
43前屈
立ち
前屈
立ち
上段
追い突き
手刀上段挙げ受け(手刀/開手)掛け崩しから手刀横顔面打ち観空分解
44前屈
立ち
前屈
立ち
上段
追い突き
手刀上段挙げ受け(手刀/開手)掛け崩しから手刀横顔面打ち〜中段前蹴り
45前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
上段挙げ受け(正拳)掛け崩しから上段肘当てテキストあり
46前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
上段挙げ受け(正拳)掛け崩しから肘当て〜大外落とし護身
投げ技
テキストあり
47前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
手刀内諸手挙げ受け掛け崩しから手刀切り落とし秘伝より
投げ技
テキストあり
48前屈
立ち
自然体
組手立ち
上段
追い突き
手刀・外諸手・上段挙げ受け掛け崩しから引き落とし秘伝より
投げ技
テキストあり
49自然体
武器術
自然体/武器術上段打ち下ろし順諸手外受け上段突き名称検討/半棒の型を参照/武器術
50自然体
背後
抱き抱え
(外)
腕張り後ろ落とし名称検討
護身技
近間
51自然体
背後
抱き抱え
(外)
腕張り腕取り投げ
(網打ち投げ)
名称検討
制遠鎮の分解
護身技
近間
52自然体
背後
抱き抱え
(内)
腕張り腕がらみ
回転投げ
要検討
護身技
近間
53自然体
左右
自然体
左右
上段
カギ突き(順、逆)
上段内諸手受け(左右)
上段肘当て
(肘打ち)
腕取り引落とし
20、21の関連
護身技
名称検討
54自然体
左右
自然体
左右
上段
カギ突き(順、逆)
上段内諸手受け(左右)
上段肘当て
(肘打ち)
腕取り背負い投げ
20、21の関連
護身技
名称検討
55自然体


左右
自然体


左右
前拳上段直突き退き身入り身落とし左右、
どちらかの構え
だけで行うことも
検討。
56自然体


左右
自然体


左右
前拳上段直突き寄り身
(内)
入り身落とし要検討
57自然体


左右
自然体


左右
前拳中段下突き退き身入り身落とし要検討
58自然体


左右
自然体


左右
前拳上段鍵突き退き身入り身落とし要検討
59自然体


左右
自然体


左右
前拳上段鍵突き退き身入り身落としから
前落とし
(応用変化)
要検討
特殊な応用
連絡技
60自然体


左右
自然体


左右
前拳上段鍵突き退き身入り身落としから
前落とし
さらに小外払い
(応用変化)
要検討
特殊な応用
連絡技
61

 

 

Print Friendly, PDF & Email

 

修練用語解説

  • 仕掛け手
  • 応じ手
  • 極め
  • 掛け崩し

備考

  • 2018-3-25:一部修正
  • 2018-10-21:一部修正

デジタル空手武道教本

増田 章のブログ

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.