心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

前拳上中段直突きに対し 外受けから前拳カギ突き-入り身落とし

 

 

前拳上中段直突きに対し 外受けから前拳上中段カギ突き-入り身落とし

 

 

 

〈入り身落とし〉を組手で使う

頭部打撃が認められている組手法で修練を行う場合、捻り身などの〈かわし受け〉と攻撃を組み合わせた応じが有効だと思うが、極真スタイルの組手法では、ここで紹介した戦術が効果的だ。

下の映像では、相手の上中段の直突きに対し、まず〈退き身〉で間合いを調節し、同時に〈外受け〉で受ける。間髪を入れず、送り足の入り身で上中段カギ突きの反撃を行う、それと同時に間合いを詰め、入り身落としで相手を倒して決めている。

また映像にある型では、右構え(左自然体組手立ち)と左構え(右自然体組手立ち・俗にいうサウスポーの構え)、両方の技の練習を行うようになっている。

 

 

 

 

 

5 views

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Translate:

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »