心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

組手型/下段廻し蹴りに対する応じ技/スネ受けー下段廻し蹴り(裏)

下段廻し蹴りに対し「スネ受け「スネ受けー下段廻し蹴り(裏)

  • この映像はメモ映像です。後日、解説を追加、更新します。
  • この映像は、組手型をベースに「打ち込み稽古※」として行っています。

 

 

 

応用/下段廻し蹴りに対し「スネ受けー下段廻し蹴り(裏)ー中段下突き(メモ映像)

 

  • この映像はメモ映像です。後日、解説を追加、更新します。
  • この映像は、組手型をベースに「打ち込み稽古※」として行っています。

 

【重要】

※IBMA極真会館空手道の稽古では、「仕掛け技(攻撃技)」をミット、サンドバックや人などを目標にして、技術を磨くことを目的とする打ち込み稽古。さらに、組手型をベースに相手に技を仕掛けてもらい、それに対し応じる形で技を出し、応じ技に内在する防御技と攻撃技(反撃技)を磨くことを目的とする打ち込み稽古があります。

どちらの稽古も、相手との間合いや位置を正確に認識することや攻撃目標に正確に技を当てる技術を磨くという意識がなければなりません。また、相手の動き(出力)に応じて自己の動き(出力)を合わせるという感覚を体得することが重要です。それがIBMA極真会館空手道における「応じ(応じ技)」の眼目です。

武道稽古に真に必要な、スピードやスタミナ(持続力)、また破壊力を向上させるという目的は、組手型の稽古における目標の先に設定するというのが、IBMA極真会館空手道の稽古の基本的考え方です。

 

 

 

デジタル空手武道教本

増田 章のブログ

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.