心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

組手技

 

 

 

組手技について学びたい人へ

IBMA極真会館空手道には、「組手技」と「伝統技」の2つの空手技体系があります。

「組手技」とは、空手道の黎明期にはなかった、異種の徒手格闘技とも交流・対応ができる空手技です。それゆえ「組手技」には、多様な徒手格闘技が取り入れられ、融合されています。さらに組手技は、伝統技のエッセンスも融合し、現代の護身術として進化させることを想定しています

一方、「伝統技」とは、空手道の黎明期から伝承される空手技のことです。空手道の黎明期においては、空手技は刀などの小武器への対応も想定した護身技(武技)だったようです。ゆえに、一撃必殺を目指し修練するもの、また素手ではなく、小武器(道具)を持って小武器に対する護身技(武技)でした。我々はそのような空手技を承継し修練します。極真空手の「伝統技」に関して学びたい人は伝統技のページを閲覧してください。

その場組手技と移動組手技について

組手技には「その場組手技」と「移動組手技」があります。その場組手技は運足を使わずその場で技を出します。一方、移動組手技は、運足を用い、間合いを一気に詰め、移動による運動エネルギーを組手技に加えるように技を出します。大掴みに言えば、その場組手技は近間での技の出し方の習得、移動組手技は、中間、遠間からの組手技の出し方の習得と考えてよいでしょう。

IBMA極真会館空手道の修練体系には、伝統技と組手技の実技修練があります。伝統技の修練についても理解をするようにしてください。

▶︎伝統技について学びたい人へ

 

 

※フルサイズ表示で閲覧すると組手技インデックスを閲覧できます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »