心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

中段回し蹴りに対する防御と反撃(応じ技) 

 

中段回し蹴りに対し「スネ受け中段逆ひざ蹴り」

 

中段廻し蹴りは、スネ受けで防御することが基本です。肘で防御したり、足さばきでかわしで防御する場合がありますが、中段廻し蹴りと下段廻し蹴りはスネ受けで防御することが基本です。その理由については理論のページを参照にしてください。また、IBMA極真会館空手道では、相手の攻撃技を防御し反撃する技術を「組手型」によって学びます。この防御と反撃も組手型の一つです。組手型の修練はIBMA極真会館空手道の重要な修練法ですから、しっかりと理論と稽古法を理解してください。

 

 

指導者へ

※初心者に組手の指導をするときは、必ず〈上段回し蹴り〉〈中段前蹴り〉〈中段回し蹴り〉〈下段回し蹴り〉〈直突き〉に対する応じ技を組手型によって教えてからにしてください。また、組手型の練習をしたことのない人は、原則、組手稽古をさせないようにしてください(始めが肝心です)。

 

 

チェックポイント

  • すね受けをする側の上段も小手でガードする(上段の手構え)こと。
  • 前押さえは、すね受けと同時に腕を軽く伸ばす感じで。
  • 前押さえは、無理に押し込むと身体のバランスが崩れてしまうので、相手の体を押す必要はない。
  • 前押さえは、すね受けをした脚が着地する同時に前押さえが相手の体に当たる感じで。
  • 前押さえは、相手の視野に拳及び突きのイメージを入れることで、相手の連続攻撃を妨害する役割、効力もある。

覚えておきたい修練用語

  • スネ受け
  • 前押さえ
  • 小手

動きを横から見る

 

注意点

右スネ受け(後脚)をした足は、後ろに戻さず、前に踏み込むこと。

 

 

【備考】
  • 2018-11-27:文言一部修正/写真間違いあり。

非公開: デジタル空手武道教本

非公開: デジタル空手武道教本

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.