心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

その場・直突き(その場稽古・組手技)P

 

 

その場直突き(前拳、後拳)その場稽古・組手技

この技は、組手技の突き技の一つです。稽古では、その場で突き技の動作を学ぶ稽古法、前後に送り足で動きながら(移動)突き技の動作と歩法を同時に学ぶ方法、前に動きながら(飛び込み)、突きの動作と歩法(送り足)を学ぶ方法などがあります。このページでは、その場で、前拳と後拳の直突きの動作を学ぶ方法を解説します。

稽古では、伝統技の突きの稽古では、右の突きから始めますが、組手技の突きの稽古は前拳から始めます。左組手立ちでは、前拳は左拳なので、左の直突きを打ち、次に後拳の右の直突きを打ちます。

また稽古では、一の号令で前拳の突き、二の号令で後拳の突き、さんの号令で前拳の突き、四の号令で後拳の突きと、交互に技を出します。

 

「前拳直突き」と「囮突き」について

前拳直突きは、ボクシングでいうジャブのように使えば、囮(おとり)突きとなります。正式な定義は理論のページで解説をする予定です。

後拳・直突きについて

後拳直突きは、特に前拳直突きの連携により用いる場合は、決め突きとも言います。IBMA極真会館空手道の組手技の直突きは、引きを素早く行う突き方を基本とします。それ以外の突き方、突き技として、「押し突き」や「突き込み」「打ち下ろし」などがありますが、基本の直突きではありません。

 

審査合格のポイント

  • 突きの引きが遅いと減点されます。ただし、腕をしっかりと伸ばしてから引くこと。腕が十分に伸び切らないうちに引く突き方も減点されます。
  • 突きに使わない方の拳は、突いている時、顎の横にしっかりとおくこと。また、突き手の拳は、上段の手構えの位置から突き出し、突き終わったあとは、元の顎の横の位置に戻すこと。拳の位置が正確でない場合は減点されます。
  • 後拳の直突きの際、腰が入ってないと(骨盤が回っていないと)減点されます。
  • 上体が前後左右にブレすぎると減点されます。
  • 突く時、脇がしまっていなければ、減点されます。
  • 組手立ちに構えたとき、両拳が顎の高さになければ減点になります。組手立ちの手構えは、下の写真を見て、ほぼ同じ形になるよう、各自、写真(自分)を取り、それと教本の写真と比べて、修正してください。※組手立ちの手構えは簡単に見えますが、多くの人が、正確にできません。IBMA極真会館空手道における、組手技の突き技を正しく習得しようと思うなら、組手立ちが正確になるよう努力してください。
  • また、突く時に肩(三角筋、僧帽筋など)に力が入っていれば減点されます。

 

 

動作を正面から見る

 

 

 

動作を横から見る(前拳直突き)

 

 

 

 

後拳直突きの特殊系

※このページは制作途中です。今後更新します。

 

 

備考

囮突き(おとりつき)とは?→用語解説:囮突き

直突きの研究(研究科生用教本)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »