心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

 IBMA極真会館デジタル空手教本とは D-1

 

 IBMA極真会館デジタル空手教本とは?

修練と修道を2本柱とする、IBMA極真会館空手道をインターネットで学ぶための教本です。

デジタル空手教本は、道場での稽古の内容を予習及び復習するために活用ください。一般稽古の稽古の効果をより高めるためには、事後の稽古内容の復習をすることをお勧めします。

※デジタル空手教本の内容は、伝統技、組手技、礼法、歩法、立ち方、伝統型、約束組手、打ち込みなどのより正しい説明。また、空手道修練に必要な用語、理論などが掲載されています。原則、IBMA極真会館の有段者は、それらの内容の理解を必須としています。

※デジタル教本には、道場で販売している空手道の教本をデジタル化した、デジタル空手武道通信・デジタルBOOKとしてラインナップされているものもあります。それらの教本は、TSショップのページからも閲覧できます(デジタル空手武道通信・デジタルBOOKは空手武道通信の定期購読会員のみ閲覧可能です)。

このページも含め、デジタル空手武道通信は、予告なしに内容の更新を行います。稽古方法は絶えずより良い方法を求め、改善していきます。言うなれば、バージョンアップです。デジタル空手教本で空手の予習、復習を行う方のみならず、元黒帯指導員はもちろんのこと、高段者を目指す方、定期的に教本の見直しをしてください。なお、改善、体系化された、IBMA極真会館空手道の内容は、指導員講習、またはデジタル空手教本以外では学ぶことはできません。

 

デジタル空手教本の活用法

 

  • IBMA極真会館空手道の修練項目の基本を学びたい方は、「IBMA極真会館・修練項目(基本)について」のページを閲覧し、学びたい項目名をクリックしてください。各種修練項目のページに移動します。※修練項目のページへのリンクは徐々に更新していきます、また、閲覧には空手武道通信・定期購読会員への登録が必要です。

空手武道通信とは? 

IBMA極真会館・修練項目(基本)

 

空手初心者の方々へ

  • 初心者はまず、技の写真の動作説明をよく読み、それを参考に、ゆっくりと技の動作を行ってみてください。そして、鏡などを使い、自分の形とテキスト写真とを比べてください。その際、審査合格のチエックポイントを参照して行うと、より効果的です。
  • 映像教本の場合は、映像を見て、動作のイメージをまず掴み、ゆっくりとした動作で真似していると良いでしょう。そのた、教本ページの審査合格のポイントをしっかりと読むと、より効果的です。
  • スマホなどで、自分の技の動作を撮影し、それとテキストの動画や写真と比べてみるのも効果的です。
無料閲覧できる初心者用デジタル空手教本はこちら

その場伝統技基本(手技編)

その場伝統技基本(足技編)

 

From Akira Masuda

▶より深く、より高く〜私の空手道修行の目的(増田 章)

 

 

 

2018-1-1:一部修正

Translate:

    PAGETOP
    Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
    Translate »