心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館

MENU

BMSからのご案内

増田 章コラム

初心を忘るべからず

【初心】 世阿弥の晩年に著である、花鏡の一節に「初心を忘るべからず」と云う下りがある。私どもの年代なら、中学校の国語あたりで学んだはずだ(学んでないかな?)。先日、私が主催する空手の交流試合の開会式で、「初心」について話をしてみた。 なぜ、「初心」の話をしたかと言えば、交流試合の前、朝日新聞のフロントランナーに柔道全日本監督の井上康生氏のインタビューが掲載されていたからだ。 その記事には、「初心」と云うタイトルが掲げられていた。井上康生氏はシドニーオリンピック柔道種目でオール一本勝ちにより、金メダルを勝ち取った、天才柔道家である。子供の頃柔道に打ち込んだ事もある私は、井上康生氏は大好きな柔道家の一人である。現役時代の井上康生氏を私もテレビを見ながら応援していた事を思い出す。 記事には、井上康生氏の51歳で急逝した母親が、康生氏に宛てた最後の手紙にあった言葉を胸に刻み込んでいると書いてあった。母からの最後の手紙には、「すべて初心に返って頑張ってください」と締めくくってあったようだ。 井上康生氏は、「強くならなきゃ」とではなく、「強くなりたい」という気持ちで柔道に打ち込む事が大切だと説く。おそらく、「勝たなければならない」「負けてはいけない」という気持ちではなく、「強くなる」また「強くなるために戦う」というような純粋な気持ちで戦うこと。そして、その重要性を若い選手達に伝えたいのだと思う。おそらく、井上康生氏の母親には、天才的な技の感覚と集中力を持って、無心に相手と柔道をしていた息子の姿を取り戻して欲しいとの思いがあったのだろう。また、わが子が無邪気に、かつ無心で柔道に集中すれば、勝てると信じていたのだと思う。

空手道修練の「心構え」と「人格形成」について(PW不要)

IBMA極真会館・空手道の「心構え」と「人格形成」について   2016/7 増田 章 IBMA極真 …

型論〜参考文献

【型につての一般論】 日本武道では「型(形)」を重要と考えてきた。ここでフリースタイルカラテ拓真道における「型 …

保護中: テストページ2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »