【「崩しと隙」と「防御と応じ」 〜2016−6−11の手書きメモより】

相手にダメージを与える。消耗させる。バランスを奪う。それらは全て崩しの目的と効果である。つまり「崩し」は攻撃により、相手を弱体化することである。相手を負かすには、相手の「隙」を衝かなければならない。また。相手を弱体化し、「隙」を作りだし、そこを衝く。

「隙」を見極めるには、相手の状態や情況を見極めることを意識することだ。「隙を衝く」とは、戦いの法則である。しかし、本来の戦いの原則とは、天地自然の理法を基に導き出した、行為選択の判断基準である。私は、攻撃の決定の際には原則を優先されなければならないと考えている。その原則を踏まえれば、攻撃の前段階において、防御を優先させることだ。

ただし、戦いにおいては機先を制することが重要だ。だが、そのことを「先手必勝」のことだと思い込んではいけない。常に「防御」の意識があり、初めて機先を制することができる。また、どのような防御意識を普段に有するかによって攻撃の最善手が異なってくる。もし、「防御」に重きをおかないならば、エネルギーの暴走に振り回されることだろう。つまり、エネルギーの暴走の可能性を知り、大切に使う者は、決して攻撃を常としない。そして、その結果、自己のエネルギーをより多く用いることができる。なぜなら、攻撃は攻撃を生じるのが常だからだ。

真の武人とは、そのような無駄をしない者だ。ゆえに、防御を常にし、隙を作らないことを志す。さらに、相手の攻撃には「瞬息」の「応じ(対応技)」を行うこと。そのことは、相手の二の攻撃を封じる。この「応じの理法」を体得することである。

最後に、競技(試合)では、うわべの「勝ち」を競う。また、見るものはその高いレベルを判断できない。ゆえに「崩し」を優先する。だが、それは道を修めるあり方では無い。武人は、常に彼我の間に生じる隙に気付くこと。その上で自己の隙を衝かれないようにする必要がある(メモゆえ再考を要す)。