ストレッチングについて

 

ストレッチの役割と効果についての考え方

〜ストレッチの役割と効果を、疲弊した箇所を自覚することや筋肉の血流を良くし、栄養分や老廃物の処理を促進するものだと考えてみてください。さらに身体の各パーツの状態を把握し、身体の機能を保持するために役立つと考えてください…続き(理論/ストレッチと役割と効果〜増田章より)。

 

 

伸ばす箇所

  • 太ももの後ろ面

DSCN0299

 

説明

  1. 右足を折りたたみ左脚を伸ばす。
  2. 右手を右膝の上に置く。
  3. 左手は左の足指をつかむ。※身体の硬い人はスネや膝にてをつけて上体を倒しても良い。
  4. 上体の胸を左脚につけるようにして、身体を前に倒す。※この際、左脚の膝を曲げないようにする。※上体を倒すときは反動をつけないようにゆっくりと行う。
  5. 約20秒間ほど、その状態を維持する(ストレッチ)。
  6. 反対側の体側も1〜5同様に伸ばす。

 


 

伸ばす箇所

  • 太ももの後ろ面
  • 体側(上体の側面)

 

DSCN0301

説明

  1. 開脚姿勢から片手(右手)を左脚の前に置く。
  2. 左手を頭の上に持って行き、左の体側(上体の側面)が伸ばすように右足の方に上体を倒す。
  3. 右足先に左手の指が届くように上体を倒す。
  4. 約20秒間ほど、その状態を維持する(ストレッチ)。
  5. 反対側の体側も1〜4同様に伸ばす。

 

 

蹴り技のためのお勧めストレッチ3種類

 

以下の3種類のストレッチは、上段回し蹴りなどの稽古で必要な股間節周辺、腸腰筋、太ももの前面などの状態を整えます。

股割りなどの他のストレッチとあわせて実施すると効果的です。全てのストレッチは、20秒ぐらい実施するのが効果的です。

 

その1/伸ばす箇所

  • 股関節周辺
  • 腸腰筋

 

DSCN0302

 

説明

  1. 左脚の背足を床につけた状態で、右足を大きく前に出し、右の太ももに手を置く。
  2. 胸を少し張るようにして、上体を立てる。
  3. 約20秒間ほど、その状態を維持する(ストレッチ)。

 


その2/伸ばす箇所

  • 股関節周辺
  • 腸腰筋
  • 太ももの前面

DSCN0303

 

説明

  1. その1の状態から両肘を床につける。
  2. 後ろ脚をまっすぐ伸ばす。

 


その3/伸ばす箇所

  • 股関節周辺
  • 腸腰筋
  • 太ももの前面

 

DSCN0304

 

説明

  1. その2の状態から左脚の足の甲を持ち、胸を張るようにして股関節周辺と左脚の前面の筋肉を伸ばす。
  2. 約20秒間ほど、その状態を維持する(ストレッチ)。

 


その4/伸ばす箇所

太ももの後ろ面
体側(上体の側面)

 

 

DSCN0305

 

説明

  1. その1の状態から状態を右の方向に向ける。
  2. 右足の膝を外側に向ける。
  3. 左手を床につけ、もう一方の手は右膝の上に置く。
  4. 骨盤を下げるよにして左脚の膝の上から骨盤と腰の周りを伸ばす。
  5. 約20秒間ほど、その状態を維持する(ストレッチ)。
  6. その1からその4までを反対側も行う。