ミットの持ち方/基本形〜その1

ミットを使った打ち込み稽古は、空手の打撃技を学ぶ上で重要である。実際に技をミットを打ち込むことで、技の正確性や筋力を向上させる。さらに打撃技に必要な運動連鎖のコツを学んでいく。

 

連続突きの打ち込み稽古の際のミットの持ち方/基本形

 

この持ち方で突き技のみならず前蹴り(中段)やヒザ蹴り(中段)の打ち込み稽古も実施する。少年部や初心者には打ち込み稽古のミットの持ち方の基本形の一つとして伝える(教える)。

 

3)突きの連絡技を受ける際のミットの構え方。

3)突きの連絡技を受ける際のミットの構え方。

 

 

注意点

  1. 受け手は組手立ちで構える。
  2. ミットは逆手で持ち、右のミットを下、左のミットを上にして構える。
  3. ミットの高さは下のミット(右のミット)の真ん中をみぞおち(水月)の高さに合わせる。それが基準となる。
  4. 受け手が打たせ稽古を兼ねたい場合は、ミットを体につけて、突きを受ける瞬間に腹筋を締める。※受け手が初心者の場合や相手の突きが強い場合は、体とミットの間に少しだけ隙間を作り、衝撃を吸収するようにする。
  5. 上のミットでは上中段の突きを下のミットでは中段の突きを受けるようにする。