上段回し蹴りのミットの構え方/逆手

注意点

 

  1. 立ち方は組手立ちで構える。
  2. ミットはなるべく床と垂直に構える。
  3. 2つのミットを重ね、蹴りを受ける面をなるべく平らにする。