左前屈立ち

前屈立ちには1〜3の「前屈立ち」があります。違いは「手構え」の違いです。

  1. 号令「左前屈立ち用意〜構えて」なら、十字を切り、手構えは、両腕を下にした構え。
  2. 号令「左前屈立ち下段払い用意〜構えて」なら、手構えは、下段払いの構え。
  3. 号令「左前屈立ち蹴りの用意〜構えて」なら、手構えは、上段の手構え。

 

下段払いの手構えによる左前屈立ち

  1. 金的の前から引き手を取る。
  2. 下段払いの腕は肩幅よりわずかに外側に。あまり外側に腕を出さない。
  3. 前足の膝を曲げ、重心を下ろす。※前屈立ちの前足の曲げ具合は、背骨を伸ばした上体で左膝のを見たとき、足の指が見えなくなる角度。足の指が見えるのは膝の曲げが足りないということ。
  4. 後ろ足の踵を浮かさない。足裏全体を床につけた状態とする。
  5. 後ろ足は外側に約45度に開く。あまり外側に開きすぎないように。
  6. 前足の指先は正面を向ける。あまり内側に向けないように。

合格のためのチェックポイント

  1. まずは十字を切りながら、不動立ちから平行立ちになる。
  2. 前足と後ろ足の間隔が狭くならないように。大体、腰幅の2倍ぐらいです。
  3. 前足と後ろ足の横の間隔も狭くならないように。大体、腰幅ぐらい。
  4. 下段払いは、引き手の腕を伸ばし、金的のカバー(ガード)をしてから、しっかりと(脇に引く)とること。
  5. 下段払いを行う際は、力強く、スピードを上げる、キレ良く。などの点を意識すると良いでしょう。

 

動作を正面から見る

スライドショーには JavaScript が必要です。