座礼

極真会館増田道場では、「礼法」を伝統技の基本修練項目としています。礼法には、「座礼」「十字礼」「立礼」の3種類あります。稽古の始めと終わりには、座礼及び黙想を行います。

 

審査合格のポイント

  1. 下げる脚の順番を間違えないように。座るときは、左脚から折り曲げ、座ります。立つときは、右脚から立ちます。
  2. 両膝の間は、拳2つ分ぐらい開けます。
  3. 両拳は太ももの付け根におきます。
  4. 胸を少しだけ張り、背中を丸めないようにします。
  5. 頭を下げるときは、背中を丸めず、腰から上体を曲げるようにします。
  6. 頭を下げる際は、左拳、右拳と床につけ下げます。
  7. 頭(上体)を元の状態に戻す際は、両拳を右拳、左拳の順番に太ももの付け根に戻します。

 

動きを正面から見る

動きを横から見る