TSスタイルによる組手稽古

 

TSスタイルによる組手指導です。増田も動いていますが、しばらく腰の具合が悪く、パフォーマンスは良くありません。これから体の調子を戻し、より良いパフォーマンスができるようにします。

レッスンは、2018-4-12多摩本部の一般稽古の中で行われたものです。5月の交流試合ならびに黒帯の講習会前の予習として閲覧ください。

 

TSスタイルとは

TSスタイルとは、IBMA極真会館の試合方法の一つです。その重要点は、技の精度(正確性)、間合いの調節、応じの速さです。一方、極真空手ではダメージを与えること、攻撃の手数、打たれ強さが重要と考えられています。IBMA極真会館の空手道もそのようなことも含みますが、そのようなことが第一義ではありません。まずは、相手に技を正確に当てること。相手の技を丁寧に受け止め、それに正しく応じる力の養成が、IBMA極真会館空手道の第一義です●武島氏は相手の動きをしっかりと見るようにしています。これは非常に良いことです。是非、みなさんに見習って欲しいと思います。ただ、反応がまだ十分ではありません。これは組手型によって反応の仕方を学び、組手稽古と合わせ、神経回路に植え付けなければなりません。そのような稽古法が、増田流の空手稽古です。