昇級審査(初級)を受審する前に確認しておきたいこと

  1. 審査会の前には、昇級審査項目を全てチェックしてください。
  2. 技の名称(読み方や意味)がわからないものは、指導員に質問してください。
  3. 審査は、「礼法」「伝統技(基本、移動)」「組手技(移動、打ち込み)」と「体力審査」と白帯の方は「自己紹介※1」があります。自己紹介は審査ではありませんが、しっかり行えるようにしてください。
  4. 中級以上の昇級審査は不合格になる場合もあります(その場合は再審査となります)。※また、初級には確認合格となるばばい場合があります。確認合格については、指導員にお尋ねください。
  5. 合格を目指す方は、定期的に行われる特別稽古などに参加してください。
  6. また、個人レッスンもございます(有料)。
※1自己紹介の仕方
  1. 他の道場生の前で、「自分の所属する道場名」「少年部は学年」「自分の名前」をなるべく大きな声で伝える。
  2. 例)オス、「八王子メガロス所属の小学3年生の山田アキラです。みなさん宜しくお願いします。
  3. 少しぐらい間違えても良いので、自分の名前をしっかりと言えるようにしてください。
  4. 発声は、武道の稽古の一環ですから、なるべく大きな声で、自己紹介できるようにしましょう。

以下の伝統技をチェックしましょう

  1. 三戦立ち
  2. 前屈立ち
  3. 後屈立ち
  4. 正拳中段突き
  5. 前屈立ち中段追い突き

 

今回は「三戦立ち」と「前屈立ち」です。

▼確認はこちらのページをご覧ください。

この続きは、「昇級審査(初級)を受信する前に-2号」をご覧ください。