今回の内容について、他

  • この号は会員登録なしで閲覧できるページがあります(試用キャンペーン中)
  • FromAkiraMasuda: 増田章の稽古論〜見えない動きを見えるように
  • デジタル教本:〈脚取り投げ〉
  • 空手武道通信は、定期更新のお知らせは月2回ですが、創刊から1〜2年、内容が一定量に達するまで、常時コンテンツを補充(アップロード)していきます。
  • すべてのページの閲覧には定期購読会員登録が必要です。▶︎空手武道通信の案内

 

 

 

From Akira Masuda
デジタル教本(実技/理論/ワンポイントレッスン)

■宣伝
  •  デジタルBOOKに伝統型教本をアップしました!空手武道通信定期購読会員は閲覧できます!

 

デジタルBOOKの更新情報
 次回までお待ちください。
特集:空手武道通信フォトギャラリー 
 ▶︎増田章フォトギャラリー第6回
■お知らせ

  • 9月より、極真会館増田道場・研究科スタートしました! 増田道場ニュースで発表します
【編集後記〜近況報告】

 

右脚の内側広筋の肉離れが回復した。約1ヶ月ほどを要した。まだ、本調子ではないので2ヶ月ほどかかるかかるかもしれない。この肉離れのおかげで、骨格筋の構造を勉強する気になった。若い頃にも興味を持ったことがあったが、今ほど深刻に身体について考えなかったので、すぐに勉強をやめてしまった。今回、私が頼みにするトレーナーにアトラスという会社が出している解剖図の3Dのアプリを教えてもらった。これはとても役に立つ。今後、少しずつだとは思うが骨格筋の構造について勉強したい。現在私は、生意気にも私の肉離れがどのような経緯、要因で起こったかを想像できている。もちろん私の仮説であるが、大体のイメージはできているつもりである。私は素人なので、専門家の意見も聞かなければならないと考えているが、素人なるが故に、その情報収集は多岐にわたり、様々な角度で仮説を立てられると思っている。ずいぶん不遜だと専門家に嫌われるかもしれないので、言動に気をつけなければならない。しかし何事も自分で究めなければ、気が済まないのが私の性分である。

さて言い訳がましいが、新たな身体の障害が加わったことで、空手武道通信の作成が進まなかった。私は常々、空手武道通信のボリュームを増やしていきたいと思っている。しかし思うようにならない。本日も出張がある。蛇足ながら、今回の「From AkiraMasuda」に関しては、もう少し推敲したかったが、とりあえず掲載した。参考になれば、幸いである。