6種類の肘受け(基本形)

 

「肘受け」は増田 章が考案した独自の技。この技は相手の攻撃を小手を使い防御するのではなく、肘を使い、相手の攻撃の威力を弱体化するように防御する。肘受けによる防御は、受けると同時に相手への反撃とすることができる。この技は、極真空手の組手法よりも、頭部打撃の攻防や護身技として有効な技である。高度な技であるが、初心者の時から反復して稽古を行い、身に付けて欲しい技である。

肘受けには、『肘・右内受け(写真2)』『肘・左内受け(写真3)』『肘・右外受け(写真4)』『肘・左外受け(写真5)』『肘・右落とし受け(写真6)』『肘・左落とし受け(写真7)』の6種類がある。

※肘受けは、肘打ちのように用いることもある。しかし、初めは肘打ちと考えない方が良い。なぜなら、肘受けを初心者が用いると、相手を意図せず、怪我させることがあるからだ。そのような肘受けは、間違っている。受け技に上達すれば、なるべく相手を傷つけずに相手の攻撃を弱体化することが可能だ。繰り返しになるが、肘受けは、肘打ちと考えずに、なるべく相手を傷つけないよう、受け方を吟味してほしい。

※肘受けは増田空手の独自の技である。合わせて肘打ちの稽古もすること。今後、肘打ちの稽古法も掲載したい。

※肘受けは、「護身技」に含まれる頭部打撃の稽古に重要な技である。より、上位の空手道を目指すなら、通常の組手稽古においても肘受けの使用を試みて欲しい。

重要点の復習

突きに対する肘内受けの使い方の要点は、相手の直突きの胴体とでも言える、腕を下から、受け崩し、突きの起動をずらし、その威力を弱体化することだ。また特殊な肘受けとして、相手の突き技の拳そのものを受けるものがあるが、増田空手の肘受けは、そのような使用法も含むが、本質的には増田空手の哲学とは異なる技である。

 

肘受けの歴史

「肘受け」増田章が20数年前に考案した。続きはこちらから

 

 

審査合格のためのチエックポイント

 

  • 組手立ちの形が正確でなければ、減点されます。→手構え/両足の幅、体重のかけ方/
  • 「肘内受け」は外受け(伝統技)ではありません。また、払い受け(組手技)でもありません。ゆえに技の動作(軌道)が間違っていると、減点されます。突きに対する肘内受けの使い方の要点は、相手の直突きの胴体とでも言える、腕を下から、受け崩し、突きの起動をずらし、その威力を弱体化することです。また特殊な肘受けとして、相手の突き技の拳そのものを受けるものがありますが、それは増田空手の肘受けは、そのような使用法も含みますがとは本質的には異なります。

 

 

 


2017-7-14 一部修正後、再掲載