肘受け6種(基本形)

 

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

技のポイント

  1. 肘受けは『肘・右内受け』『肘・左内受け』『肘・右外受け』『肘・左外受け』『肘・右落とし受け』『肘・左落とし受け』の6種を基本とする。
  2. 肘受けは、本質的に肘受けと同じである。※ゆえに肘受けと合わせ肘打ちを稽古すること。
  3. 肘受けは護身技に含まれる頭部打撃の稽古に重要な技である。通常の組手稽古における上中段への打撃技に対しても肘受けを使用すること。
1)肘・右内受け/2)肘・左内受け/3)肘・右外受け/4)肘・左外受け/5)肘・右落とし受け/6)肘・左落とし受け