試し合いとは何か〜技と技能

【はじめに】

現在、世界中に多くの極真空手愛好者がいる。極真空手とは、空手道の流派の一つだ。その修練方法は、大きく分けて、組手稽古と型稽古の二つである。

極真空手における組手稽古とは、1対1で相手と対峙し、空手技を試し合い、技を磨く手段である。型稽古は中高年の人たちから老年の方までが行うことができる稽古法であるが、組手稽古は、だんだんと困難になっていく傾向がある。その理由の一つには、直接に打撃技を身体に当てる極真空手の組手稽古は、体力的に厳しいということが挙げられる。直接打撃による組手、試し合いは極真空手の生命とも言える。もちろん、組手稽古が空手道の全てではない、という考えもあり、私もそれに同意する。しかしながら、なぜ、その極真空手の生命である組手を生涯にわたり続け、活かしきれないのだろうか、と私は考えている。もしかすると、極真空手の組手稽古の方法(組手法)には間違いがあるのではないか、そんな疑義が、私の研究の始まりである。私の視座は、試し合いは生涯にわたり続けられるのではないかというものである。また、そうであってこそ、試し合いということが、より高次化していくのだ、と考えている。

【各種武道の試し合い(組手法)を比較〜技と技能】

極真空手における、試し合いに関する私の考えを述べるにあたり、極真空手のみならず柔道や剣道など、各種武道の試し合い(組手法)を比較、検討してみた。本論は、その比較をもとに展開している。なお、空手の組手に当たるものは、柔道では「乱取り」、剣道では「地稽古」に当たる。また、組手、乱取り、地稽古を全て「試し合い」という概念で一括りにすることを、あらかじめ述べておきたい。

先ず始めに、大きく各種武道を眺めて、剣道においては、老齢の人でも、地稽古(試し合い)を行なっている点に、私は着目した。そして私は、剣道の試し合いには、技(テクニック)と技能(スキル)の意識を第一義とする価値観があるのではないか、という仮説を持った。その仮説を述べるにあたり、各種武道の試し合いにおける普遍性を抽出し、説明するため、技能(スキル)という概念を用いる必要があった。断っておくが、技能(スキル)という概念は、これまでの武道論では用いられていない。

私の考える技能(スキル)とは、技を運用し、技(テクニック)と技(テクニック)を連携させ、より善く相互作用させる能力である。  一方の技とは、自己の心身を用いて獲得した技(テクニック)と言っても良い。それら2つの能力を養成する方法、システムが「試し合い」というものである。

私は、剣道や空手など、打撃技を用いる格闘技の「試し合い」を俯瞰し、その構造を考える際、試し合いを構成する要素を技(テクニック)と技能(スキル)という面に分けて観た方が良いと考えている。例えば、空手の組手においては、威力(破壊力)のある突きや蹴りを成立させる技と技を組手の中で実効性のあるものとして運用、機能させるための能力、すなわち技能(スキル)を分けて考えるということだ。これまでは、技というものを技の面からのみ考えてきたように思う。

【極真空手の試し合い(組手)】

それでは、はじめに極真空手の「試し合い(組手)」を見て見たい。直接打撃を用いる、極真空手の組手では、体力の衰えた老齢者は、体力のある若い人とは組手、すなわち、技の試し合いがしづらい面を否めない。なぜなら、技の威力(破壊力)や防御力が体力に依存しているからである。具体的には、打撃技の精度(正確性)が低くても、体力があれば、打撃技は、それなりの威力(破壊力)を発揮する。また、相手の頭部への突き技を禁止し、技を制限した、極真空手の試し合いは、打撃技を主に相手の身体に直接当てる仕方である。そのことは、打撃技のダメージから身体を防御するには、体格や筋肉量の影響が大きいからである。つまり、体格や筋肉量の多いほうが有利に試し合いを行えるということだ。

柔道の試し合(乱取り)においても同様のことが伺える。ただし、柔道の場合は、空手ほどではない。その証拠に、老齢者が体力に優れた若者にも対応できることがある。それは、たとえ体力があっても技能(スキル)が低い若者(初心者)は、老齢の柔道の熟練者、すなわち柔道の技能保持者の技能(スキル)を伴った技に対抗できないからである。

現行の極真空手は、柔道と比較すると、老齢者がある程度の熟練者で、その相手が初心者であったとしても、組手稽古が十分にできない可能性がある。なぜなら、体力に劣る老齢者が体力任せの初心者の攻撃に対応できないことがあるからである。もちろん、互いに技能レベルが低いので、組手が成立しているかに見えることもあるかもしれない。しかし、攻撃と防御、技と技とを対話のようにやり取りするのではなく、ただ一方的に攻撃し合うような組手、試し合いは、私の考える試し合いではない。

【柔道の乱取りにおいて】

極真空手の試し合い(組手)に続き、柔道の試し合い(乱取り)をみてみたい。柔道の試し合い(乱取り)における威力のある投げ技とは、相手の重心を奪う技を内包している。ゆえに、その技を保持しないものに対する、技の影響を受ける。また、柔道の技は、投げ技の理合を内包している。その理合は簡単ではあるが、「倒す原理」を技に内包することは、私の考える技能との連携を構築し易い。

他方、極真空手の技は、試し合いにおいて、相手を痛めつける技を主とするので、自己のパワーやスピードというような身体的要素との連携を構築し易い。また、極真空手の技は、技に内包される原理を認識しづらく、技能との連携が構築されにくい。そのことが、加齢による体力の低下イコール、技の低下並びに技能の低下を招くことにつながるのである。

【剣道の地稽古において】

次に剣道の試し合い(地稽古)についてみてみたい。剣道の試し合い(地稽古)においては、防具を着用し、竹刀という道具を用いる。  そのことにより、身体という道具(技に対して身体は道具である)により、技を創出する空手より、自他の操作のコツを体得しやすい。それは、竹刀という自己に対して異物(他者)を用いるがゆえだと思う。言い換えれば、剣道は自己の身体操作のみならず、道具の操作を体得しなければならないがゆえに、自己と道具(他者)との一体化を自覚しやすい。要するに、技を駆使する際に、他者との連携がうまくできない現実に気付かされる。そのことにより、技には、自他の一体化が重要だと気付かされる。つまり、剣道における、優れた技の創出には、自己の心身のみならず、他者との一体化、そして統一を経なければならないことを、道具の存在によって学び取るのである。

また、剣道の試し合いは防具と道具(竹刀)を用いるので、相手への技により、相手にダメージを与えることを目標とするのではなく、相手と関係性の中、打突(技)を正確に当てる技を磨き、競い合う。打突(技)を正確に当てる技を競い合うということは、技を当てる技のみならず、相手に技を当てられないための技を磨き、競うことでもある。言い換えれば、対峙する双方が、攻撃技(打突技)を正確に当てようとするという状況は、攻撃技のみならず防御技を操作しなければならない。その観点が、私が考える技能を見えるようにする。剣道の試し合いにおいては、私が考える技能に関する意識が高いように観える。その証拠に、剣道の修練には技能という術語はないが、攻撃技(打突)を仕掛け技と応じ技に分けていることからうかがえる。私の観たところ、仕掛け技とは、打突(攻撃技)の種類を、相手との関係性の中、機を捉えて打つ技である。また、応じ技とは、相手の仕掛け技(攻撃技)を無力化し、機を創出し、それを捉えて相手を打つことだろう。どちらも「機」ということを意識している。また、機を捉えて相手に技を決めることとは、機先を制するということである。つまり、仕掛け技、応じ技どちらにも通底する理合は、機先を制することである。また、先を取ることである。さらに言えば、どちらも攻防一体の技ではあるが、そこに防御のための防御(技)はないということである。少し脱線を許していただくと、剣道とは異なり、現行の空手道では、攻撃技と防御技とを技の体系として分けて考えているようだ。しかし、私の空手武道では、それらを分けない。全ての防御(受け技)を攻撃技にも転じ、かつ防御のための防御ではなく、全ては相手の攻撃(仕掛け技)を無力化する技と考えている。つまり、受け技に対し、防御に使う技との理解は、間違っていると断言したい。要するに、技と技を連携、運用し、より効果的な状況(位置や状態、そしてタイミングなど)を創出すること。修練では、その理解が必要なのだ。そのような理論を、私は「転じ」と名付けている。そして、転じを実現させる基盤は、本論で展開する技能(スキル)なのである。

話を戻すと、さらに剣道では、仕掛け技、応じ技の駆使には、気、剣、体の一致が重要だと教える。そのことは、剣道の試し合いにおいて、相手に技を正確(正しく)に当てる、という意識が内包されていることの証拠となる。以上のようなことから、剣道における技(仕掛け技、応じ技)の試し合いには、技(テクニック)の認識のみならず、技能(スキル)の認識が必要になる、と私は考えている。

ここでいう技能(スキル)とは、「間合いを操作、調節する感覚」「自他の呼吸やリズムを操作、調節する感覚」「防御(技)と攻撃(技)を操作、調節する感覚」を駆使し、技を運用する能力である。補足すれば、間合いの操作、調節には、相手の技(動き)を予測することや相手との位置調整(位置取り・ポジショニング)が含まれる。また、自他の呼吸やリズムを操作、調節するとは、武道でいう機、また、タイミングを捉えることが含まれる。さらに防御と攻撃を操作、調節するとは、技の強弱や技(動き)を瞬時に切り替えることが含まれる。

私は、剣道の試し合いにおいては、竹刀(剣)を使い創った技(テクニック)を運用するためには、技をより効果的に使いこなす、技能(スキル)が必要だと考えている。

一方、極真空手の場合、相手に技を強く当てれば良い、との安易な感覚に陥りやすい。断っておくが、剣道の修練者の全てに、先述したような、自他との一体化という自覚があるわけではないだろう。おそらく、一部の高段者のみ、だと想像する。それでも、剣道の「試し合い」は、技の駆使のみならず、技を運用する技能を意識せざるを得ない構造があるのである。そして、その構造が、優れた技の駆使には、技能の発揮と自他の一体化が必要だということを伝える。

現行の極真空手の「試し合い」を観てみれば、攻撃技を相手に当てること。すなわち技の駆使のみが意識され、剣道に観られるような技能が意識されてはいない。私は、技の試し合いとは、自己と他者を媒介し、意味を交換しあうもの、だと思っている。このことを、自己の心身のみで行う武道修練者には認識できないのかもしれない。また、「試し合い」を行なっても、技の使用における、自他の関係を理解しようとしない者には、理解できないに違いない。

繰り返すが、自己に対して外部の異物(他者)とも言える、道具を使う剣道競技は、外部の異物(他者)と協調しなければならない。それゆえ、自己の心身のあり方をより深く考えるのではないかと思う。もちろん、道具を使おうが使うまいが、自己の心身を使う行為は、それを行うものの認識と訓練の度合いで差が出るに違いない。しかしながら、外部、異物との協調という障壁が、高い技への認識と、竹刀で創出した技を運用する技能を養成する誘因となる。

また、別の見方をすれば、剣道とは、竹刀を扱う技のみならず、自他という関係において、互いの心身を媒介し、その技を交換し合うことで、技と技能を創出するのである。そのことは、地稽古(組手)において、技能の高低が強く影響するということ。また、個人の技能の高低が地稽古(組手)における、相手を支配する力に影響する。つまり、体力の衰えた、老齢の人でも技能を獲得すれば、相手との試し合いを制する可能性が高まるということと言っても良いだろう。

【柔道における「作り」という意識】

ここでもう一つ、柔道について補足を加えたい。柔道においては、「威力のある投げ技(技)」を駆使する試し合い(乱取り)が、相手と組み合ってから行うがゆえに、剣道より体力レベルが物言う。ゆえに、極真空手同様、体力に優れているものに有利であることは否めない。また、体重がある者に優位であろう。

ただそれでも、柔道の倒し技、投げ技の成功には、技レベルの高下の影響が大きい。それは先述したように、柔道の技には、倒す原理が内包され、その影響が大きいからである。もちろん、倒す原理を無視するかのような力任せの強引な投げ技も柔道には見られる。それでも、柔道の試し合いにおける、攻撃技の仕掛けには、投げ技の成功のための準備、すなわち「作り」という概念、理合がある。柔道の創始者である、嘉納治五郎師範は、その理論を「作りと掛け」という術語で解説している。

作りとは、倒す原理が、より良く活用されるための、状況の創出(準備)を意味する。言い換えれば、嘉納師範が制定した柔道の技は、強引に相手を攻撃するものではない。投げ技の技を発揮するための状況(環境)を見極め、あるいは作り上げてから、その技を運用、駆使するためのものである。

つまり、体力に優れた初心者に対しても、柔道でいう「作りと掛け」という理合の体得が、技能に優れた老齢者なら、十分に対抗できる要因となる。言い換えれば、理合の体得が体力の衰えを技能が補完する要因となる。つまり、技能が高ければ、体力に対し技能で対抗し得る可能性が拡がるということである。

補足を加えれば、嘉納治五郎師範の言う「作り」というのは、私のいう「技能」と類似の観点がある、とみる。さらに言えば、「作り」は技の小局的な観点から、その運用をみた技能、一方、私の言う技能も、有効な技を技と技能に分けた上で、大局的な観点から観た「作り」とも言える。なぜなら、技能は、技と技の運用を考え、絶えず変化する戦いの状況(試し合いの状況)に対応し、自己を優位に導くための準備とも言えるからだ。さらに、不遜で拡大解釈がすぎるかもしれないが、「作り」という観点が、嘉納治五郎師範の技の概念を皮相的な技術論と分けている。私は、それを重要だと感じている、ということをご理解いただきたい。その上で、さらに持論を展開すれば、私の考える「技能」も柔道における「作り」も、技の運用、また戦術の運用により、勝を制するための戦略の体得を志向している、と言っても良いのである。

【極真空手に必要な「技能」について】

ここで改めて、試し合いに必要な「技能」について述べたい。私が考える「技能」とは、試し合いの修練により獲得された感覚によって構成されると言っても良い。そして、その感覚が織りなすものである。  先述したように、技能を構成する要素を挙げると「間合いを操作、調節する感覚」「自他の呼吸やリズムを操作、調節する感覚」「防御(技)と攻撃(技)を操作、調節する感覚」である。技と技は、技能によって、化学反応するかのように活用され、相互作用し、より高い効果をあげる。そのような技と技能の関係が顕著な試し合いが、優れた試し合いだと、私は考えている。

言い換えれば、技能とは、技を運用し、自己の望む現象(結果)を導き出す能力とも言える。つまり技と技能とは、明確に異なるのだ。つまり、技を活用し、優れた技を生み出す感覚こそが技能なのである。さらに私は、人間対人間が行う、あらゆる試し合いにおいて、勝を制するために必要な普遍的要素が技能である、と考えている。

ここで現行の極真空手の試し合いを眺め、技と技能について、述べてみたい。まず、極真空手の組手における有効な技とは、「上段を蹴る技」「下段を蹴る技」「中段を蹴る技」「中段を突く技」である。ここでいう技とは、自分の身体で威力を生み出す技のことを指す。もちろん、そこには筋力の基盤もある。一方の技能とは、繰り返しになるが、自己の身体操作のみならず、相手との関係性や他の技との連携、運用による相乗効果を得て、状況を自己に優位に導くための能力と言っても良い。

なお、この原稿は推敲中の原稿なので、掲載をやめる場合があります。