石川良一名誉師範、都議会議員選挙に臨む!

 

石川良一名誉師範が東京都都議会選挙に臨みます(2期目)。

石川良一師範は、稲城市長を5期20年勤められました。また、IBMA主催の全日本ウエイト制空手道選手権大会の大会会長に、第1回から10年間、着任していただきました。

その石川良一師範は、市長を引退後、都議会議員となりました。今回が都議会議員として、2期目の選挙となります。

会員のみなさまにおかれましては、すでに応援政党等がある方もいると思います。ゆえに無理な応援のお願いをするつまりはありません。しかしながら、私は石川師範が政治に志を持たれ、頑張っておられることに敬意を持っています。

この度は、是非とも、石川良一師範をみなさまの御心に留めていただきたいと思い、ご報告申し上げます。

蛇足ながら、正直申し上げると、私は現在、都民ファーストの会を支援する立場ではありません。しかし、進取果敢に新しい流れに身をおき、獅子奮迅のごとく挑戦し続ける、石川良一先生を応援したいと思っています。

何卒、ご理解のほど、お願い申し上げます。  増田 章より

 

※石川良一 都議会議員は、早大極真会監督であり、IBMA極真会館の名誉師範です。

高田馬場道場の早大極真会のクラス(水曜日、一般クラス)を担当していただいています。