IBMA極真会館における極真空手の稽古

IBMA極真会館の稽古は、大きく分けて「伝統技」の稽古と「組手技」の稽古に分けられます。伝統技の稽古は、基本稽古から移動稽古を経て、伝統型の稽古と伝統技の分解稽古に続きます。一方、組手技の稽古も基本稽古から移動稽古、打ち込み稽古を経て、約束組手・組手型に続きます。さらに組手技の稽古は、自由組手の稽古に続きます。また、有段者になると、伝統技と組手技を総合する「護身技」の稽古も行います。

伝統技の系譜について

極真空手の伝統技は創始者の大山倍達が松濤館空手と剛柔流空手の基本技を融合したものです。

また、創始者の大山倍逹は、修行時代、ボクシングや柔道、日本柔術など様々な武術を学びました。

※IBMA極真会館が伝統技と併行して修練する、組手技とは、増田 章が極真空手の自由組手の試合や100人組手の経験から編み出した組手技です。その技は、ボクシングやムエタイ、その他の武術の技を包摂、融合しています。