心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館

MENU

上段廻し蹴り/平行立ち

上段廻し蹴り/平行立ち

 

下の写真は左上段廻し蹴りのものです。基本稽古(平行立ちによる)の際は、右の上段廻し蹴り〜左の上段廻し蹴りと交互に数回(10本〜50本ほど)行います。※廻し蹴りには、「蹴り」と「蹴り込み」の2種があります。

正面から

スライドショーには JavaScript が必要です。

横から

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

上達のポイント/増田メソッド(中伝コース)

増田メソッドとは、意識を重要とすることです。意識とは感覚と言い換えても良いでしょう。また顕在意識を吟味し潜在意識の探求をすること、さらに顕在意識の再構築を目指すものです。増田武道メソッドの眼目は、意識とからだをマネージメントするです。

※BMSのサイトでは、上達のポイントは中伝コースでより詳しくお伝えします。このページでは、特別に中伝コースの内容を箇条書きにして掲載しています。より詳細な指導を受けたい人は道場稽古、講習会を受けてください。

  1. 頭は正面を向いた状態に保つ意識。
  2. 軸足と頭部がなるべく中心軸(重心線)からずれないようにする意識。
  3. 体幹部を締め安定させる意識。
  4. 足裏全体で立つことを基本に拇指球から踵、そして足裏全体へと切り替え続けます。
  5. 軸足と体の抜重と倒れこみ、軸足の旋回と荷重の意識(重心の移動とマネージメント)。

より深く技を理解したい方へ(中伝Chudenコース)

BMS会員専用ページリンクします。BMS会員専用ページの閲覧はPWが必要です。

 

 

▶︎伝統型との連携

▶︎組手技への応用

▶︎護身技への応用

BMSについて

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »