心と身体を強くする空手〜IBMA極真会館増田道場

MENU

道場理念、綱領、他 

 

  • 理念とは我々団体の活動における根本哲学(価値観)のこと。綱領とは、団体の活動の目的、活動指針のこと。拓心武道メソッドの理念(空手道の指針)とは、本道場の空手道の内容である「修練×修道」における目標。また、我々が武道哲学というのは、IBMA極真会館空手道の修練×修道体系に通底する概念、価値観、および思想のことを言う。

 

IBMA極真会館増田道場の理念

 

修練と修道を通じ

無限の可能性をひらき

高い人間性を発揮できる

心を育む

理念の解説はこちら

解 説

 修練とは、自己の心身を活用し、技を習得し、それを活用する技能を体得することです。また修道とは、修練を通じ、自己のみならず他者を活かすための道理を学び、それを人生に活かすことです。人としての道理を掴み、それを活用することは、人間としての無限の可能性を拡げるはずです。また我々は、自己の可能性の開拓を、利己のみならず、利他に繋がるようにします。それを実践する心が、「良心(良知良能)」であり、それが高い人間性です。

極真会館の道場訓(吉川英治監修)

極真会館の伝統的な道場訓です。

一、吾々は、心身を錬磨し確固不抜の心技を極めること

     ひとつ、われわれは、しんしんをれんましかっこふばつのしんぎをきわめること

一、吾々は、武の神髄を究め機に発し感に敏なること

      ひとつ、われわれは、ぶのしんずいをきわめきにはっしかんにびんなること

一、吾々は、質実剛健を以て自己の精神を涵養すること

     ひとつ、われわれは、しつじつごうけんをもってじこのせいしんをかんようすること

一、吾々は、礼節を重んじ長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと

      ひとつ、われわれは、れいせつをおもんじちょうじょうをけいしそぼうのふるまいをつつしむこと

一、吾々は、神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること

    ひとつ、われわれは、しんぶつをとうとびけんじょうのびとくをわすれざること

一、吾々は、知性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること

      ひとつ、われわれは、ちせいとたいりょくとをこうじょうさせことにのぞんであやまたざること

一、吾々は、生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うすること

      ひとつ、われわれは、しょうがいのしゅぎょうをからてのみちにつうじきょくしんのみちをまっとうすること

 

 

 

IBMA極真会館増田道場の綱領

 

我々は空手武道の修行により

身体を拓き心を磨き高め

自他の和合と共存

幸福と長生を実現する

空手武道の創設を目指す


 

拓心武道メソッド(拓心武術)の理念

 

武術の修練による

心身錬磨を通じ

天地自然の理法を学び

自他一体の道を

修める

 

【解説】

拓心武道メソッドの理念とは、増田章の武道哲学の究極であり、IBMA極真会館空手道の指針である。

 

極真空手の精神(極真精神)

 

頭は低く目は高く 

口慎んで心広く 

孝を原点にして

他を益する
【解説】

 

 

 

備考

  • IBMAについて
  • IBMAの理念→IBMA極真会館の理念
  • 増田道場の綱領→IBMA極真会館の綱領に変更 2017-5→IBMA極真空手会館増田道場の綱領に変更。
  • 増田道場の理念→IBMA極真会館空手道(増田空手)の理念に変更
  • IBMA極真会館において理念は土台、綱領は屋根、IBMA極真会館空手道の理念は柱といえます。
  • その他、IBMA極真会館会員規則がございます。
  • 武道人の行動指針
  • 2020-1 :「IBMA極真会館空手道の理念」を「IBMA極真会館の目標」に変更しました。

 

 

 

KWU SENSHI JAPAN

稽古カリキュラム

過去のお知らせ(アーカイブ)

デジタル空手武道教本

PAGETOP
Copyright © IBMA極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.