心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

MENU

IBMA極真会館の理念並びに綱領

 

  • 理念とは我々団体の活動における根本哲学(価値観)のこと。綱領とは、団体の活動の目的、活動指針のこと。拓心武道メソッドの理念(空手道の指針)とは、本道場の空手道の内容である「修練×修道」における目標。また、我々が武道哲学というのは、IBMA極真会館空手道の修練×修道体系に通底する概念、価値観、および思想のことを言う。

 

IBMA極真会館の理念

 

修練と修道を通じ

無限の可能性をひらき

高い人間性を発揮できる

心を育む

理念の解説はこちら

解 説

 修練とは、自己の心身を活用し、技を習得し、それを活用する技能を体得することです。また修道とは、修練を通じ、自己のみならず他者を活かすための道理を学び、それを人生に活かすことです。人としての道理を掴み、それを活用することは、人間としての無限の可能性を拡げるはずです。また我々は、自己の可能性の開拓を、利己のみならず、利他に繋がるようにします。それを実践する心が、「良心(良知良能)」であり、それが高い人間性です。

 

 

IBMA極真会館の綱領

 

我々は空手武道の修行を通じ

自他の和合と幸福を追求する武道人の育成

心と身体を楽しみ人生を豊かにする空手武道の創設を目指す

 

 

拓心武道メソッドの理念〜IBMA極真会館空手道の指針

 

武術の修練による

心身錬磨を通じ

天地自然の理法を学び

自他一体の道を

修める

 

 

 

拓心武道メソッド

TakuShin-BudoMethod

 

【解説】

拓心武道メソッドの理念とは、増田章の武道哲学の究極であり、IBMA極真会館空手道の指針である。

 

 

極真空手の理念

 

頭は低く目は高く 口慎んで心広く 孝を原点にして他を益する
【解説】

極真空手の理念とは、極真会館の創設者、大山倍達が掲げた、極真空手家の目指す精神のことである。

 

 

 

備考

  • IBMAについて
  • IBMAの理念→IBMA極真会館の理念
  • 増田道場の綱領→IBMA極真会館の綱領に変更 2017-5→IBMA極真空手会館増田道場の綱領に変更。
  • 増田道場の理念→IBMA極真会館空手道(増田空手)の理念に変更
  • IBMA極真会館において理念は土台、綱領は屋根、IBMA極真会館空手道の理念は柱といえます。
  • その他、IBMA極真会館会員規則がございます。
  • 武道人の行動指針
  • 2020-1 :「IBMA極真会館空手道の理念」を「IBMA極真会館の目標」に変更しました。

 

 

 

PAGETOP
Copyright © IBMA 極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.