心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

黒帯取得について

黒帯を取得しよう

本道場の黒帯は、IBMA 極真会館空手道の「基本技術」「応用技術」「組手技能」「リーダーシップ」などを習得したと評価される人に允可します。ただし、初段位は、IBMA極真会館空手道の入り口にたったぐらいのレベルです。段位は初段から始まり、二段、三段、四段、五段と修練と修道の理解度によって、上位があります。

本道場では、どんな方でも、楽しく黒帯を取得できるよう、稽古カリキュラムを考えてあります。本道場の特徴は、すべての技術、技能の習得理論を明文化し、絶えず見直しをしていることです。

道場生は、稽古において、理論の理解、また技術体得のための稽古の反復、継続のための我慢を要求されることもあるでしょう。しかしながら、本道場の稽古は我慢、ストレスでは終わりません。必ず、技術を学ぶこと、また、できなかったことができるようになることによる充足感、言い換えれば、技術の習得と技能(スキル)の体得による、知的充足感が得られます。またスキルの発揮による、心身の解放を体験できます。

是非、IBMA極真会館空手道を体験してください。

(指導員によって理解度が異なります。ゆえに、理論の説明のレベルに差があります。それを補うために、本道場では、デジタル空手武道教本を用意しています)

 

 

武道への道 (2018-3-3)

 

【武道への道〜認識レベルの向上】

 武道への道、そして上達とは、皮相的な技を習得(おぼえた)したということではなく、技の構造の認識レベル、かつ、術の体得レベルの到達度で判断することです。言い換えれば、技術の深奥を尋ね、その理法を全身で理解していくことです。

 さて我々の流派の空手道の初段は、修練基本項目を一定レベルで習得した者です。もちろん、初段の技術レベルは、決して高いものではありません。しかし技術の習得レベルよりも大切なことがあります。それは、理念をしっかりと心身に刻印し、さらなる修練を志すことです。黒帯を締めることを許されるとは、本来そのようなことなのです。残念ながら、決して現実は必ずしもそうではないかもしれません。しかし、私は黒帯がそうでなければ、自らの価値を自らが貶めるがごとくです。ゆえに黒帯はその門下のリーダーとしての意識を持ち、互いに協力しあって、仲間を手助けし、かつ自らを高めていかなければならないと、私は考えています。そして自らの未熟を自覚し、ゆえにたゆまぬ精進を続け、「浅から深へ」と、認識レベルを向上させて欲しいと考えています。

 認識レベルの向上とは、決して単に空手技が強いということではありません。他者(他己)に対する自己が、その時々の心身の最善の活用を行い、かつ、それを可能とする心技体を創り上げていくことです。さらに言えば、その方法を知ることを目指すことが認識レベルの向上です。

2019/11/12:一部加筆修正

 

昇級イメージ写真

 

 

 

 

 

 

 

備考

2017-9-14:一部修正

2020-2-13:一部修正

過去のお知らせ

極真会館増田道場の稽古内容

PAGETOP
Copyright © IBMA 極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.