心とカラダを強くするカラテ〜IBMA極真会館増田道場

IBMA極真会館増田道場の存在意義と目的

IBMA極真会館増田道場の存在意義と目的

   IBMA極真会館の稽古カリキュラムは、極真会館の伝統的な基本を基盤としていますが、半分は増田章が創設した、極真増田メソッド(拓心武道メソッド)を採用しています。ゆえに稽古内容は他の極真空手の道場と異なります。当然、道場理念、目的も異なってきます。もちろん、極真会館を創設した大山倍達師範の残された基本を引き継ぎ、後世に伝えることも重要です。また、極真精神(理念)を広く門下生に伝えて行くことも重要と考えています。ゆえに松井館長率いる極真会館とは友好団体です。そして微力ながら、極真会館のファミリーとして、極真空手を未来により良い形で残すことを目標としています。

 しかしながら我々IBMA極真会館増田道場の存在意義と目的は、主席師範の増田 章が長年の研究から創出した拓心武道メソッド(極真増田メソッド)を手段に、一人でも多くの武道人を育成することです。この武道人という概念は増田の造語であり、増田の武道哲学から生まれました。この武道哲学を伝える手段として、拓心武道メソッドによる稽古が必要なのです。そして、その武道哲学と技術と技能を身につけた黒帯を一人でも多く輩出することが、IBMA極真会館増田道場の存在意義であり、目的です。

 本道場の稽古カリキュラムにおける黒帯(初段)の取得は、少年部で5〜6年、一般部で3〜5年ほど要します。例えれば、初段は小学校の卒業、二段位は中学校、三段位は高校、四段位は大学卒業、5段位は大学院の卒業のようなものです。ゆえに我々は道場を武道人の学校だと思っています。

 以上のことをIBMA極真会館増田道場に入門される方は理解して入門してください。我々は責任を持って黒帯まで指導致します。それが我々の仕事なのです。おそらく、初めて本道場において稽古を行なう方は、基本技の反復が中心の一般稽古は、難しく大変に感じるかもしれません。しかしながら、何回も基本稽古を反復することで、心身が鍛錬されます。また、反復練習に耐える心身を育むこと、そして上達を目指す訓練によって自己を変革していく過程に空手道の意義があります。

 補足を加えれば、IBMA極真会館増田道場の稽古は、基本技術の習得のための反復練習のみならず、基本技術を活用した応用技術の習得のための組手型の稽古を行います。これまでは基本技術の習得も不意充分なまま、組手稽古に移行する道場がほとんどでした。

 そのような中、IBMA極真会館の増田章は、基本技術の稽古はもちろんのこと、応用技術の稽古を行ってきました。基本技術と基本を組み合わせて活用する応用技術の稽古を行ったのです。その上で組手稽古を行うのです。そのような稽古体系によって、増田章は、選手としてのみならず100人組手の達成など、数々の実績を極真空手の歴史に残してきました。

 2020年、その稽古体系を極真増田メソッド(拓心武道メソッド)としてまとめ上げます。つまり、稽古方法をわかりやすい枠組みで整理し、稽古の目的や方法を明確にします。そのことにより、誰もが難しい技術を理解しやすくなります。また、技術を活用する技能を体得するための道筋が明確になります。さらには、大山倍達師範が多くの格闘技、武術を修練、研究し体得した技術を再現し、それを後世に伝えることも可能になるでしょう。また、護身の術として多様な局面に対応できる、伝統的でありながらも新しい、空手を体験できるようになります。是非とも、極真増田メソッド(拓心武道メソッド)と他との違いを体感してください。

  • 注意:極真増田メソッドを理解している有段者は現在少数です。本道場は2019年末から稽古カリキュラムを刷新中です。道場や稽古クラスによっては、極真増田メソッドに則った稽古法を行っていない道場、クラスもございます。そのような道場やクラスに関しては、急ぎ極真増田メソッドを伝達しています。

 

 

 

過去のお知らせ

極真会館増田道場の稽古内容

デジタル空手武道教本

PAGETOP
Copyright © IBMA 極真会館増田道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.