TS方式空手武道競技規程を更新しました。デジタル空手武道教本TXを閲覧してください。

 TS方式の組手とは増田章が考案したヒッティングという新しい武道スポーツを元にしています。正式名称はTS方式空手武道競技規程です。

 IBMA極真会館は極真空手の基本の修練を主な稽古としています。ですが、今後は組手の修練稽古に関しては、このTS方式の組手修練を主体にして行きます。また、そこから護身術としての古式極真空手(修練用語を参照)の修練を行なっていきます。

 なお、ヒッティングは増田が主宰する国際武道人育英会(IBMA)の基幹事業である、武道人の育成並びにフリースタイル空手プロジェクトの改訂版です。増田はこのヒッティング競技を掲げて、武道人哲学、そして武道哲学を広めていきたいと考えています。おそらく道場では単なる組手稽古としてしか認識していけないでしょう。

 ですが、このヒッティングは増田章の空手武道がより高いレベルに発展していくための手段なのです。

 是非とも参加者は、増田章が長く厳しい空手武道修練を通じて到達した、武道人哲学を理解し、その伝道者としての自覚を持っていただきたい、と切に願っています。今後は、その哲学を理解しようと思う人だけにヒッティングを伝えていきます。今回の参加者に対しては、増田は最初で最後の気持ちで全力を尽くします。もちろん、伝え方に未熟な点はあるでしょう。そのことは申し訳ないと思っています。しかしながら、全力を尽くす覚悟があります。何卒、その競技理念に目を通しておいてください。キーワードは、”武道人”、”武道人精神”、”安全性”、”正確性”、”自他一体”、”心撃相活”です。以下にヒッティング競技規程の第1条を載せておきます。

 

 

ヒッティング競技規程

 

第1条 本規程によって実施される競技の目的は単なる競技スポーツではなく、技術の研鑽と技能の体得による武道人という価値観の醸成である。ゆえに繰り返すが、競技は手段であり、その意義は競技を行うことで、各々の心身訓練の精華としての技術のみならず、自己表現としての技能を高めることにある。ヒッティング競技においては、突きや蹴りなどを当てあうことによるダメージを防具により軽減し、その有効、無効をポイントで表し、そのポイント数で勝敗を決するポイント制・武道スポーツ競技である。なお、ポイントの判定基準の第1義は、技の正確性である。また、身体的ダメージによるノックアウトは判定基準に設定していない。そのことにより、安全性を確保し、老若男女の全ての人々が、突きや蹴りの当て合いなどの武技の試し合いを繰り返し行えるよう考えてある。その意義は、老若男女が、長期にわたり、競技を行うことで、各々の心身訓練の精華としての技術のみならず、自己表現としての技能を高めることにある。さらに、古伝武道の「一撃必殺」と言う価値観を「心撃相活」と言う自他共生の価値観へと昇華させることにある。ゆえに、その競技の目的は、勝者を決するためにあるのではなく、競技者が共に武の理法を学び合い、無益なダメージの与えあいを避ける道を追求することにある。その道とは、自他一体の理法を知ること、他者を生かし自己を生かす道を知ることである。なお、本競技規程を活用する武道人は、武道人精神(BudoMan Ship)を念頭に活動すること。

   武道人精神とは、『空手武道競技を”交流(Communication)”、”理解(Understanding)”、”尊敬(Sonkei/Respect)”の手段とし、”仁(Perfect Virtue)”、”智(Sense)”、”勇(Courage)”の醸成と人間完成を図るための”悟り(Enlightenment)”をゴールとする意志のことである』

  本競技は、第一条を遵守し競技を普及し、人と人との心を繋ぎ、そこに良心を結び、人類の平和共存へ寄与することを目的とする。