稽古とは?  

IBMA極真会館サイト

稽古とは?  稽古日誌/2018-11-11

2018年11月12日

   映像は、私も含め、未熟な点が多々あります(本文は映像テキストの解説に添えた文です)。45年以上も空手道に努力精進してきた私も、体力が落ちたり、体が硬くなったりして、技が衰えている面も否めません。それでも、今現在が最高点となるよう、絶えず努力精進をしています。

  私は、稽古をするたびに、自分の未熟さを再認識します。同時に、その意識がある限り、レベル(自己の立ち位置の次元)は上がる、と思っています。

   要するに、空手武道の稽古とは、絶えず、自己の未熟を再認識することではないかと思うのです。より正確に言えば、稽古とは、「過去の未熟さ」「現在の未熟さ」「将来の未熟さ」を認識することです。同時に「過去の良い点」「現在の良い点」「将来の良い点」を認識することだと思います。言い換えれば、「過去、現在、将来に内在する可能性」を認識することです。

  その可能性の開拓に、武道修練を通じ、果敢に挑戦するものが、私の考える武道人です。私は、稽古ということの真の意味がわかれば、すべての人が個々人の最高地点(レベル)に立てるものと考えています。

  また、より多くの皆さんに、それを伝えることが私の本当の仕事だと思っています(デジタル空手武道教本のワンポイントレッスン2018-11-11より)。

Print Friendly, PDF & Email